スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.9.21-26. ほっとコーナーin広畑など

9/21(金) 広畑仮設で午後、ほっとコーナーがありました。これまで「お茶会」と呼んでいましたが、センターしんちで始まった「ほっとコーナー」を各仮設で繰り広げる訳なので、こんなふうに言うことにしました。月1回の開催ですが、8月はあまりにも猛暑だったのでお休みしており、2か月ぶりの顔合わせでみなさん嬉しそうでした。スタッフがサックスとアコーデオン演奏をして楽しみ、参加者も声を合わせて歌いました。 利用者26名
DSCF6338s.jpg

9/24(月) 大友司祭ご夫妻、武藤謙一主教被選者、越山健蔵司祭が巡礼されました。
 福島民報に、広畑仮設「だいこんの会」がイチゴの苗植え作業をした様子が掲載されました。これは、国の被災者営農継続支援耕作放棄地活用事業の支援を受けて行われています。
 仮にわとり小屋は、広畑仮設の隣地に移設する計画でしたが、諸般の事情により引き続きセンターしんちに置くことになりました。そこで広いスペースを与えようと整備にかかりましたが、あいにくの大雨で中断しました。 
 センターしんち利用者10名

9/25(火) 仮にわとり小屋が本小屋になります。そのためお隣のJA農機さんのご厚意を得て、周囲を網で囲った庭を作りました。いじめが発生していた狭い小屋を出て、窮屈な状態から解放されて、にわとりたちは伸びやかに動いていました。 センターしんち利用者8名
DSCF6347s.jpg
 出入り口を設えました。
KIMG0603s.jpg
 ノビノビあっちへ行ったりこっちへ行ったり!

26日(水) ほっとコーナーの日でした。差し入れを持ってこられる方も多く「がんじき」「枝豆」「パン」「バナナ」がテーブルに並べられ、また手づくりブルーベリーケーキが宅配で届けられて、コーヒーと美味しくいただきました。いつもながらおしゃべりが延々と続く1日でした。 センターしんち利用者12名
  センター長 長谷川清純
スポンサーサイト

2012.9.14-19. ヘアカットサービスなど

 14日から17日まで、2012日本聖公会宣教協議会が浜松市で開かれ、私も参加しました。全国から140余名の参加があり会期中熱心なデスカッションが繰り広げられました。一人ひとりが福音に生かされるための新しい教会のありようが強く求められました。 (センター長 長谷川清純)

9/15(土)、17(月) 2日間、広畑仮設集会所でヘアーカットサービスをしました。縫い物、編み物に精を出していた女性たちや、血圧チェックを受けて健康相談をしていた男性たちが散髪して、気持ちよさそうにしていました。15日カット10名、17日カット9名
 (スタッフ松本 普)
新地9s
 
9/16(日) 雁小屋仮設集会所でヘアーカットサービスをしました。親子で来られて、坊主刈りした小学生の男の子は、くりくりっと、さっぱりして少し照れていました。 大人8名、子ども3名
新地9月2s

9/17(月)-18(火) 東京教区前田司祭一行3名は、磯山聖ヨハネ教会にある貴重な古い印刷物や文献を収集してくださいました。東京に一旦持ち帰り、時間をかけてアーカイブします。

9/18(火) 韓国キリスト教協議会一行10名が来訪、被災地で祈り、磯山聖ヨハネ教会で祈られました。
新地14s

9/18―19(水) 東京教区信徒3名が来訪、巡礼の旅をされました。
新地17s

2012.9.13(木) 巡礼、マッサージ、ほっとコーナー、ほっとシネマ

9/11(火) 東日本大震災発生から1年6ヶ月、今日は神戸昇天教会牧師・信徒一行8名が新地を訪問して被災の地を巡りました。大戸浜と磯山聖ヨハネ教会では、「東日本大震災のための嘆願」をささげました。
 広畑仮設住宅では短期スタッフが指圧・マッサージのサービスをしました。住民の皆さんは気持ちよさそうでした。
利用者9名
 本日は、津波で亡くなられた信徒のお連れ合いの洗礼堅信1周年記念の日でもあり、お仕事を終えて帰宅されたところにおじゃまして、家族4人とお祈りをささげました。 
 センターしんち利用者13名
  スタッフ 松本 普

DSCF6302s.jpg
 大戸浜にある墓地にて

9/12(水) 広畑での指圧・マッサージ2日目は13名が利用されました。スタッフは1名でしているのでだいぶ筋肉疲労があったようでした。
 東京聖アンデレ教会牧師・信徒一行7名が訪問、巡礼されました。アンデレ教会としての被災地訪問はこれが5回目で延33名が参加、今回で最終回だそうです。東京の皆様によろしくお伝えください。
 センターしんちは「ほっとコーナー」オープンの日で、本日の利用者は16名でした。
DSCF6290s.jpg
 いちごビニールハウス組み立て中です。(広畑、10日撮影)

9/13(木) 午後、広畑にて「ほっとシネマ」開催、「綾野小路きみまろ 爆笑ライブ」を上映しました。ご高齢の男女とも大笑いでした。オーディオの不具合でボリュームが出なくて少々残念でした。上映後、テーブルを並べてセンターが用意したお菓子を食べて、皆さんで歓談しました。 鑑賞者25名。

 センターは近隣の住民の皆様と共に歩んでいます。昨日、今日は行政区長さんやお隣りのJA農機センターさんに、産みたての卵を差し上げたところ、お宅で穫れたゴーヤや桃が返ってきました。温かい気持ちになって、おいしくご馳走になりました。 
 本日のセンターしんち利用者3名。

 センター長 長谷川清純


2012.9.7-10. 同志社大学人権研修や「たまごの会」

9/7(金) センターしんち利用者12名

9/8(土) 同志社大学の教授方11名が人権研修を新地町で行いました。センターしんちにてレクチャー後、被災の地を回り、磯山聖ヨハネ教会を巡礼、祈り、広畑仮設住宅の被災された住民と語らいました。
 センターしんち利用者27名
DSCF6287s.jpg


9/9(日) 広畑仮設住宅たまごの会では、ようやく町からの予算を得て住宅脇の土地を整備、いちごハウスを設置しクリスマス頃の収穫を目指します。また本格的なにわとり小屋を建てて(26日予定)、卵を毎日生産したいと計画しています。 
 センターしんち利用者37名
DSCF6269s.jpg
 笑顔で語る広畑仮設自治会長さん(9/2撮影)

9/10(月) センターしんち利用者8名

 センター長 長谷川清純

2012.9.6(木) ほっとコーナー

 5日(水)ほっとコーナーに、なんと町内8仮設の半分に当たる4仮設の前田仮設、作田仮設、がんご屋仮設そして広畑仮設にお住まいの方々が来られました。このようにセンターが社交の場に利用されれば幸せです。 センターしんち利用者10名。
 6日(木)午後の一時どしゃ降りの大雨でした。そんな中、がんご屋仮設にお住まいで南相馬市小高区から原発避難されているご家族が立ち寄られ、しばし歓談されました。 利用者5名
 センター長 長谷川清純

KIMG0562s.jpg
 神秘的な夕陽に心奪われました。 6日午後6時

KIMG0555s.jpg
 その夕陽の反対側=東には円周の大きな虹が現れました。 6日午後6時

2012.9.4(火) 沿岸被災地リレーウォークがボランティアワーク

 9月2日福島聖ステパノ教会をスタートした東京教区リレーウォークメンバー20歳から70歳代の男女11名は、センターのアレンジで被災信徒の畑仕事や磯山聖ヨハネ教会参道脇の片付けなどをお手伝いしました。暑い中でしたからたいへんでした。夕方に被災した町内を巡り、センタースタッフ松本さんから被災状況等説明を受けました。
 センター長 長谷川清純

DSCF6276s.jpg
大震災後、海が見えるようになった敷地の片付け

DSCF6278s.jpg
センターしんちにて、被災された信徒さんからお話を聞く

2012.9.4.(火) ふじ幼稚園新園舎 開園準備

 8月24日(金)竣工落成式典をした新園舎には、いす、テーブルなどの什器備品が入り、9月3-5日臨時休園をして、先生たちは猛暑の中保育環境を整えるため美しい汗を流していました。そこへ、昨年6月に福井県小浜の聖ルカ幼稚園さんから送られていた新品絵本段ボール2箱分をお届けしました。ふじ幼稚園は再建される日がきっと来ると信じて、いっしょに歩こうでは保管してきましたが、その時が現実となり感激、感謝でした。早速絵本部屋に並べられました。
 センターしんち センター長 長谷川清純
KIMG0552s.jpg
入り口から臨む園全景

KIMG0531s.jpg
保育室

KIMG0525s.jpg
園舎を一周する回廊でお片付け

KIMG0534s.jpg
「おもしろそうなのがいっぱい!」絵本部屋

しんちベース用ブログ開設!

2012年6月に設置された、いっしょに歩こう!プロジェクト新地ベース、「被災者支援センターしんち」。
これまでは、仙台圏ベースのブログの中でしんちの活動もお伝えしてきましたが、独立したブログを開設いたしました。
今後はしんちにおける日々の活動に関してはこちらのブログでお伝えして参ります。
各ベースのブログ、いっしょに歩こう!プロジェクトのホームページとあわせて、どうぞよろしくお願いいたします!

いっしょに歩こう!プロジェクト/広報 松村
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。