スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.17-22. クリスマス、 ほっとシネマなど

12/22(土) お知らせ
 今日からいっしょに歩こう!プロジェクト新地スタッフは、クリスマス帰省して各地で礼拝・祝会をしてきます。スタッフ不在の間は、地元ボランティアスタッフが留守番をします。特に、にわとりさんたちの面倒をみますよ!
 スタッフは27日に戻り、年末年始をセンターしんちで過ごします。ご理解とご協力に感謝します。
  どうぞ、皆さん祝福されたクリスマスをお迎えられますように、お祈り申し上げます。

12/21(金) パウンドケーキ
 全国あちらこちらから差し入れがあり、ほんとうに感謝です。今日は送られてきたケーキを、放課後仮設で遊んでいた子どもたちにお裾分けしました。美味しいと嬉々として笑っていました。
  
  本日いっしょに歩いた人たち7人
 
12/18(火)-20(木) ほっとシネマ「最後の忠臣蔵」
 雁小屋、センター、広畑で3日連続上映しました。どの会場でも涙、涙のクライマックスとなりました。深い人情に皆さん泣かされた様子でした。19日はセンターしんちでほっとコーナーの中での2時間でした。
最後の忠臣蔵s

 19日 来年4月に新1年生になられる園児さんで申し込みをいただいた方のために、ランドセル12個をふじ幼稚園に届け、喜んでもらえました。

  いっしょに歩いた人たち 18日26人、 19日32人、 20日25人

12/17(月) ほっとカット クリスマスツリー 通夜
 名取市箱塚桜仮設住宅にお住まいの女性信徒Oさんが、ボランティアIさんに連れられてきました。初めてですが早速、広畑集会所でヘアーカットサービスをしてくださいました。Oさんは閖上で自宅を全壊流出され、お連れ合いと助かりましたが家具財産一切を失いました。場所は違いますが同じ境遇で、カットしながらのお話しが弾んでいました。

 もみの木に、信者さんと地元ボランティアさんたちで飾りつけしました。星やリング、モールなどほとんどは磯山聖ヨハネ教会から先日持ってきたものです。こうしてクリスマスを待つのはなんて素敵でしょう!
DSCF6779s.jpg

 広畑の栄さんのお通夜が、相馬市にある葬祭館「一休」で営まれ参列しました。多くの住民の皆さんが、悲しみを抱きつつ焼香されました。
DSCF6784s.jpg

  本日いっしょに歩いた人たち41人

スタッフ  松本 普
センター長 長谷川清純
スポンサーサイト

2012.12.15-16. 訃報

12/16(日) 無事発見
 スタッフ松本も捜索隊に加わり歩き回っていましたが、行方不明だったMさんは本日午後、遠く宮城県角田市で発見され、無事が確認されました。胸を撫で下ろしました。
 
 本日、医師のボランティアKさんは、雁小屋仮設でほっとコーナーを開設して傾聴され、心のケアをしてくださいました。
  
  本日いっしょに歩いた人たち10人

12/15(土) 訃報
 広畑仮設住民、武田 栄 様が本日ご逝去されました。最近は歩けなくなりお部屋で過ごしていましたが、それ以前は毎日外に出ていた男3人衆のお一人でした。6月のセンターしんちオープンの際には元気な姿で参列してくださっていましたのに、、。 兄弟の魂の光明と平安をお祈り申し上げます。

 こちらも男3人衆のお一人であるMさんが、昨日歯医者帰り途中から行方不明となってしまっています。今日は、警察、消防、関係者が大々的に捜査活動を展開しましたが、発見に至りませんでした。気温が低いので、とても心配です。神様どうぞMさんをお守りください。

  本日いっしょに歩いた人たち16人

スタッフ 松本 普

2012.12.14.(金) クリスマス・ケーキ

 今年最後のほっとコーナーin広畑ということで、仙台基督教会信徒ボランティアさんが用意してくれたスポンジに、参加者が自分でデコレーションして特製いちごショートケーキを作りました。
IMG_0151s.jpg

 一足早くクリスマス気分で、手品が披露され盛り上がりました。
IMG_0180s.jpg

 いっしょに歩こうPのスタッフの伴奏に合わせて、「ジングルベル」「赤鼻のトナカイ」「きよしこのよる」を皆さんで合唱しました。
IMG_0185s.jpg

 生活用品や衣類の100円バザーをしての売り上げがなんと8千円あり、ケーキ代との合計11千円は自治会に寄付されました。 ほっとコーナー利用者さん25名
 
  本日いっしょに歩いた人たち59人


スタッフ 松本 普
ボランティアスタッフEちゃん

2012.12.9(日) クリスマス発表会

 今年も山元町公民館を会場に行われました。クラスごとの出し物を元気よく張り切って、広い舞台で演じました。
DSCF6647s.jpg

     DSCF6671s.jpg

 サンタクロースが来てくれプレゼントを手渡されて、104名の園児さんたちは大喜びでした。
DSCF6680s.jpg

 いっしょに歩こう!プロジェクトセンターしんちからは、昨年同様、白石庵敬神会様から頂戴したりんご2個と「まちの工房まどか」特製の繭玉クリスマスオーナメント1個を袋詰めにして一人一人に差し上げました。
  メリー クリスマス!!
DSCF6695s.jpg
  本日いっしょに歩いた人たち155人

ボランティアスタッフEちゃん
スタッフ  松本 普
センター長 長谷川清純

2012.6.-13. もみの木など

12/13(木) スーパーハウス「釣師浜」
 スーパーハウスを信幸さんのお力でロープを張ってしっかりと固定しました。これでどうだ、風にも負けないど!!!
本日いっしょに歩いた人たち9人
KIMG0998s.jpg

12/12(水) ほっとコーナー 望年会
 広畑でのマッサージ2日目の利用者さんは11名。いつものように誰かの差し入れがある中でほっとコーナーは開かれています。閉店後、仮設住民とスタッフ一同は、松川港にある栄荘に一席を設けて望年会をいたしました。実に打ち解けて笑いがいっぱいの一夜でした。
 本日いっしょに歩いた人たち28人

12/11(火) 指圧マッサージ
 東京からボランティアTさんが今月も来られ、マッサージ。広畑での利用者さん10名でした。
 強風に動かされたスーパーハウスを、業者に吊り上げ元に戻してもらいました。
  本日いっしょに歩いた人たち20人

12/10(月) もみの木とセンター卵
 仙台基督教会信徒ボランティアKさんと仮設住民で作田のお山に行き、所有者のご厚意でもみの木1本を切りいただきました。センター風除室に、飛ばされないように設置しました。差し入れを加え昼食を美味しく食べました。
DSCF6722s.jpg

 日頃、差し入れしてくださる方やセンターのために何かと協力してくださっている皆様に、センター卵をプレゼントしていくことにしました。
  本日いっしょに歩いた人たち16人
DSCF6710s.jpg

12/9(日) コンサート
 コールしおさい30周年記念コンサートが、午後1時30分から新地町農村環境改善センター大ホールで開かれました。かつてメンバーだった故三宅よしみさんへの追悼メッセージが語られ胸に迫るものがありました。会場は満席で好評でした。
 DSCF6704s.jpg

12/8(土) プレハブが・・・
 昨日避難途中でラーメン屋に置いてきた自転車を堀内さんが、朝持ってきてくださいました。なんて有り難いこと。
 昨日に引き続きプランターに花を植えました。だんだん増えていくのを見られて嬉しい。
 なんと、スーパーハウス「釣師浜」1棟が地表のブロックから落ちているのを発見、凄まじい勢いだった強風による。山からの風の強さは尋常ではない。処理は週明けになるとのことでした。 (ボランティアスタッフEちゃん)
 本日いっしょに歩いた人たち11人 ・越山健蔵司祭一行4名巡礼
DSCF6699s.jpg


12/7(金) 花植え、旗直し、そして地震
 2仮設から女性たち3名集まり花植え作業をしました。広畑自治会長さんの畑から堆肥と土を分けてもらい、センター東側には先日地元住民からいただいた菊の根を植え込みました。さらにプランターの土の入れ替えをして、5個にパンジーとジュリアンを植えました。かわいいです。
 楽しく昼食をしてから午後は、強風で痛んだのぼり旗を修繕する針仕事をしました。皆さんのご協力に感謝しました。

 午後5時18分、東北地方に大地震発生。津波警報が発令され、仙台に移動していたセンター長の指示に従って作田仮設に避難しました。新地町は震度4で事無きを得ましたが、まだまだ怖いです。 (ボランティアスタッフEちゃん)
  本日いっしょに歩いた人たち7人
KIMG0952s.jpg

12/6(木) 強風
 午後あまりの強風に、のぼり旗2本以外は新たにボロボロになってしまった。2本を残し撤収した。センター長は、早朝から出かけて、南三陸町志津川を往復。(ボランティアスタッフEちゃん)
  本日いっしょに歩いた人たち8人

スタッフ  松本 普
センター長 長谷川清純

2012.11.29.-12.5. 旗等

12/5(水) 登り旗修繕
 このところの強風にすっかりほころび、ちぎれたのをスタッフとほっとコーナーママさんと利用する女性たちが針と糸とハサミでチクチク修繕してくださいました。すっかり生き返った旗が新鮮に並んで見えました。
 今日も全国各地から複数の差し入れがほっとコーナーのために宅配されてきました。皆さんありがとうございます。
  いっしょに歩いた人たち23名
旗
   修繕後の旗
      ココ
         ココです。「ここは気持ちいいなあー」 

12/4(火) 大工
 山梨からのボランティアKさんが帰宅時間いっぱいまで作業をしてくださいました。シャワーユニットの囲い拡張、風除湿雨樋取り付けなどをして帰られました。遠くから何度も来てくださっているので、ほんとうに感謝です。
  いっしょに歩いた人たち7名
大工
 
12/2(日) 道路工事打ち合わせ
 月1度の磯山聖ヨハネ教会聖餐式を仮礼拝所(斎藤研アトリエ)で、信徒6名が出席してささげました。そこは蔵を再生した建物で石床から深々冷えて、白い息を吐きましたから、気温0度以下?だったでしょう!体は冷えても心は燃えていましたから平気でしたよ。
 午後、現聖堂解体のためダンプカーや重機が入れるように、参道を拡げ補強する工事の打ち合わせをしました。やはりどこか寂しげな部分もあります。
  いっしょに歩いた人たち17名
参道工事打ち合わせ


12/1(土) 九州教区主教按手式
 ルカ武藤謙一師の主教按手式が、九州教区主教座聖堂・福岡聖パウロ教会にて執り行われ、長谷川は東北教区代表として参列しました。武藤師が主教被選者となられ主教に按手される前に、被災地の福島県を歩いてくださった事実に感銘を受けています。これからいっしょに歩いてくださると確信します。
武藤謙一主教
  いっしょに歩いた人たち約200名?
 
11/29-30(木・金) 指圧マッサージ
 ボランティアGさんが雁小屋と広畑、センターしんちでマッサージをしてくださいました。
利用者さん29日雁小屋7名、センターしんち3名、広畑12名
  30日いっしょに歩いた人たち15名
  29日いっしょに歩いた人たち21名
茂マッサージ
 
 センター長 長谷川清純

 
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。