スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.6.30(月)ほっとシネマ

6月30日(月)

昨日に続き、今日も2ヶ所の仮設にてほっとシネマを開催。
午前の広畑仮設では、「男はつらいよ」~寅次郎忘れな草~。
浅丘ルリ子演じるリリーは素敵でした。
6月30日広畑

午後は雀塚仮設で別作品を上映。
参加人数は少なかったのですが、笑い声は部屋いっぱい
響きわたりました。
6月30日雀塚

本日いっしょに歩いた人25名

スタッフ 高木 栄子
スポンサーサイト

2014.6.29(日)ほっとシネマ

6月29日(日)

夜中、すごーい雨でした。
さて、本日は「ほっとシネマ」ということで、午前・午後2ヶ所の仮設へ
出かけ、映画の上映をしました。

午前は雁小屋仮設において、「南極物語」。
七夕の短冊飾りに希望を書いたりもしました。
6月29日シネマ雁小屋

午後は前田仮設において、「きみまろライブ」を上映しました。
みなさん身につまされながら大笑い!
6月29日シネマ前田

本日いっしょに歩いた人30人

スタッフ 高木 栄子

2014.6.27(金)

6月27日(金)

最近は、現地ボランティアの松男さんがはりきって
朝・夕のノボリ旗の出し入れとひまわりやアサガオなどに
水撒きをしてくれます。
おかげで、今日の午後、友子ママと高木は安心して
居宅訪問に出かけました。
ひさしぶりにお目にかかる方が元気だと
わたしたちもうれしくなります。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

本日いっしょに歩いた人26人

スタッフ 高木 栄子

2014.6.26(木)茶話会とミニコンサート

6月26日(木)

日本聖公会横浜教区横浜聖アンデレ教会と東京教区など
グループ “タクトF”メンバー9名が来所。
レクチャー後巡礼に。工事が進んでいます。
6月26日工事

巡礼の後、広畑仮設のお茶会でミニコンサートを開催。
美味しいケーキと女性合唱とリコーダーの音色で
おなかも心も満たされました。
お茶会参加者も大きな声で歌いました。
6月26日広畑お茶会

仮設の太一さんがメバルを5匹持ってきて、さばいてくれました。
急遽「煮魚めばるを食べる会」が催され、7名がおいしくほおばり、
目を張ることに!
6月26日めばる

本日いっしょに歩いた人51名

スタッフ 松本 普

2014.6.25(水)水曜喫茶と巡礼

6月25日(水)

朝、裕一さんがきれいな菊を持って来てくださいました。
お盆のころ咲かせたかったのに、天候のため咲いてしまったそうです。
6月25日菊

友紀さんファミリーは、磯山聖ヨハネ教会仮礼拝所(研さんアトリエ)へ。
6月25日研さんアトリエ

今日は水曜喫茶。「海外出張」から戻った和子ママも張り切っています。
日本聖公会東京教区「1粒の麦の会」一行5名も参加。
30年ぶりの再会も実現!
不思議な出会いの場です。
6月25日集合写真

本日いっしょに歩いた人35名

スタッフ 松本 普

2014.6.24(火)イギリスからの巡礼

6月24日(火)

イギリスから友紀さん、友美さん、ディックさん一家が来日。
センターでレクチャーを受け、津波のDVDを見てから巡礼に。
大戸浜や新地町役場、磯山聖ヨハネ教会跡地等を巡ってから
広畑仮設へ。仮設の方々と交流。
6月24日巡礼

旧ふじ幼稚園では記帳も。現ふじ幼稚園では園長と交流。
6月24日巡礼旧ふじ幼稚園
6月24日巡礼現ふじ幼稚園

最後に、集団移転地も訪れました。
6月24日集団移転先


本日いっしょに歩いた人34名。

スタッフ 松本 普


2014.6.22(日) 指圧マッサージ

6月22日(日)

雁小屋仮設にて指圧マッサージ。
おとなだけでなく、子どもも参加していました。
みなさん身体がほぐれて、気持ちよくなりましたか?
マッサージをしてくださる裕子さんは、終了とともに弘前に。
ありがとうございました。

本日いっしょに歩いた人20名

スタッフ 松本 普

2014.6.21 南相馬へ・・・

6月21日(土)

カリタス原町ベースを訪問。シスター畑中始めみなさんと交流。
原町ベースのみなさん、お世話になりました。
6月21日原町ベース

次に訪れた浪江町の吉沢牧場には、たくさんの牛たちがいました。
6月21日吉沢牧場

吉沢牧場で「9.9999…」と線量計MAXオーバー。

6月21日線量計

本日いっしょに歩いた人46名

スタッフ 松本 普

2014.6.20(金) 広畑仮設訪問

6月20日(金)

仙台より八幡さん、松村さんが来られました。
広畑仮設を訪問し、農作業後の「だいこんの花の会」のみなさんと歓談・交流。
ビニールハウスを見学しました。
6月20日広畑仮設

本日いっしょに歩いた人26名

スタッフ 松本 普

2014.6.18  水曜喫茶大盛況!

6月18日(水)

◎和子ママが「海外出張」のため、友子ママが美味しいコーヒーを入れてくれました。
  総勢24名の来訪者にうれしい悲鳴をあげながらも笑顔で応待。
秦さんや地元常連さんもお手伝い。

DSCF2193.jpg

◎「いっしょに歩こう・中部」の巡礼ボランティアグループも
 「美味しいコーヒーを飲みに来ました。」と笑顔で訪問。

◎「日本三大七夕」で有名な「仙台七夕」に出品予定の団体さんが
 「いっしょに飾りつけをしましょう。」と来訪。
 <希望者ご招待>のイベントも計画中。
 あっという間に折り紙が無くなってしまいました。

DSCF2195.jpg

  いっしょに歩いた人  34名

  スタッフ 松本 普



2014.6.17  試験操業のヒラメ

6月17日(火)

◎大戸・釣師漁協所属の被災漁師さんが避難生活を続ける
 前田仮設住宅のみなさんから 大きなヒラメ3尾が届きまし た。
津波被害に「原発」放射能被害に苦悩するみなさん。
 刺身と煮つけで美味しく「ごちそうさま」でした。

DSCF9701.jpg


◎同じく17日。岐阜県坂祝(さかほぎ)町から梅の第2便15㎏が届きました。
 楽しみに待っている仮設住宅に連絡。
 笑顔で「仕分け作業」。
「第3便まで送る」との梅農家さんのご支援に心より感謝。ありがとう‼

DSCF9702.jpg
 

  いっしょに歩いた人  17名

  スタッフ  松本 普



  
 

2014.6.16 フラワーアートの創作

6月16日(月)

2ヶ所の仮設住宅の方や地元住民の皆さんと、
新たなセンター活動のメニューが加わりました。
月1ペースの協働でセンターしんちの活動をサポートしている
秦さんから手ほどきを受け、出来上がったフラワーアートに
「どう?私みたいにキレイ?」とご満悦。

DSCF9691.jpg

いっしょに歩いた人  13名

スタッフ  松本 普

2014.6.14 仮礼拝所で聖餐式

6月14日(土)

磯山聖ヨハネ教会信徒の他、ボランティア、スタッフや地元町民も参集し、
12名で「聖霊降臨」を覚え、李司祭司式による聖餐式がありました。
教会は被災後解体され、「研さんスタジオ」と呼び親しまれている
画家・齋藤研さんの「仮礼拝所」で、全員が被災し家を失い、
3名の同信の友まで亡くした磯山聖ヨハネ教会の小さな信仰共同体の上に
「聖霊の降臨」の御力を感謝のうちに覚えた、3年3か月後の礼拝でした。

本日いっしょに歩いた人17名

 スタッフ  松本 普

  
  

2014.6.13 地元2紙に掲載

6月13日(金)

◎ 地元2紙に掲載

先日9日(日)に開催された「センターしんち開所2周年・感謝と希望の集い」の
関連記事が福島民報に載りました。
もう一紙(福島民友)にも掲載されました。

DSCF9700.jpg

◎ キムチでキャッチボール




1年間、センターしんちの食卓を豊かにして下さった「チマ・チョゴリの会」のキムチ。
支援者の鄭香均(チャン・ヒャンギュン)さんが定期的に届けて下さいます。
ありがとう!<協働=キャッチボール>これからも宜しくお願いいたします。

DSCF9698.jpg


本日いっしょに歩いた人たち 16名

スタッフ 松本 普

2014.6.11 水曜喫茶と花壇ワーク

6月11日(水)

ちょうど3年3ヵ月の「月命日」と重なった水曜喫茶でしたが、午前午後あわせて22名の利用者さんで盛況でした。
この日のためにとケーキを届けて下さったパートナー(協働者)は、名古屋柳城短期大学「チームパテシェ」と長崎カステラの高橋さんご夫妻。ありがとう!ごちそうさまでした。

DSCF3312.jpg

DSCF3314.jpg

一昨年オープンしたばかりの頃、目にした光景が今日もセンターしんちでありました。
「○○さん?  私○○よ~!!  どうしてたの・・・」
と、涙ぐみながら手と手をとって見つめ合い、いつまでも語り合っていた二人が○○十年ぶりの再会を果たしたのです。

谷さん、明さん、和哉くんが草刈機できれいにして下さったあと、今日は花壇、プランターの草取りと花(マリーゴールド・朝顔の種まき、ヒマワリの添え木)の作業をしました。

写真


センターしんちは、こうして地元ボランティアスタッフの皆さんによって支えられ、いっしょに歩いています。
いつでも来訪者が嬉しそうに喜んで、ほっとできますように。
ニワトリたちも待っています。

DSCF9684.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  34名

スタッフ 松本 普

2014.6.10~11 3年3ヵ月 巡礼に

6月10日(火)~11日(水)

東京聖マーガレット教会から一行8名が、秋田県を中心に東北教区婦人会役員一行8名が、そして北関東教区(宣教部)から一行7名が各々センターしんち入り。

和子ママ、友子ママ、和哉くんの地元ボランティアスタッフが、コーヒーケーキセットでお出迎え。
レクチャー・歓談・交流のひと時をもちました。

相馬港から山元町ふじ幼稚園まで沿岸被災地を北上し、復興の足音が響く現場と、あの3・11から時間が止まっている現状を目のあたりにしました。

DSCF9675.jpg

DSCF9676.jpg

別れ際に和子ママ、友子ママとハグし合う女性たちでした。そして、見えなくなるまで手を振るママたちでした。

DSCF9672.jpg

いっしょに歩いた人たち 86名

スタッフ 松本 普

2014.6.9 センター開所2周年を祝う

6月9日(月)

入梅時の雨の中、約60名の関係者が参集。
これまでへの感謝とこれからへの希望を胸に「感謝と希望の集い」を共にしました。各仮設、町役場、町議会、南相馬市カリタス原町ベース、山元町ふじ幼稚園、仙台基督教会、水曜喫茶ママ、磯山聖ヨハネ教会・・・・と多彩な顔ぶれでした。

「感謝の祈り」では、センター長でもある長谷川司祭から「新地町の一日も早い復興・被災者の生活再建とあわせ、来年夏の終わり頃までの教会再建に向け、今日からまた共に歩みたい」旨アピールあり。

DSCF3289.jpg

DSCF3303.jpg

友情ライブで応援にかけつけてくれた「菊池一子さんとその仲間たち」による民謡ライブ。
唱、鐘、三味線、尺八、踊りで盛り上がる会場。

スナップショット 3 (2014-06-11 15-30)

外のテントではミニバザーとプレゼントコーナーも。

DSCF3309.jpg

メール、ハガキ、TELでも「開所2周年おめでとう!!」とのメッセージたくさんいただきました。
いっしょに歩き支えて下さり、ありがとうございます!!

本日いっしょに歩いた人たち 60名

スタッフ 松本 普

2014.6.6 「センターしんち開所2周年の集い」のお知らせ

6月9日(月) 14:00より、だいじに・東北 被災者支援センターしんちの「開所2周年・感謝と希望の集い」が行われます。
当日は感謝の祈りのほか、民謡・三味線のライブやミニバザーなども企画されております。
都合のよろしい方、ぜひお誘いあわせの上お越しください。

IMG.jpg

場所:福島県相馬郡新地町谷地小屋字須賀酒13-2
※新地町役場、JR常磐線代行バス新地駅から徒歩約10分ほどです。

2014.6.5(木)民謡コンサート

6月5日((木)


雁小屋仮設で開催された民謡コンサートを聴きに4人で出かけました。
司会の江戸屋猫八さんはユーモーアーたっぷり。
地元新地出身の鈴木正夫さんの歌も素晴らしく、
民謡は土から生まれた力強いメッセージと感じました。
最後は相馬の民謡で踊り出す90歳の方もいらっしゃいました。
民謡コンサート雁小屋


午後は、友子さんと高木で、高齢者の方たちの訪問。
戦時中の話も出て、次回もとても楽しみです。

本日いっしょに歩いた人37人

スタッフ 高木 栄子

2014.6.4 水曜喫茶

6月4日(水)


今日は水曜日。毎週恒例の「ほっとコーナー水曜喫茶」。
本日のケーキは、カトリック田園調布教会東日本復興支援プロジェクトさんから3種類。
DSCF3282 (3)

初めて参加されたご夫妻も喜んでおられ、「また、来ます」と。
支援センターしんちおなじみのニワトリたちが生んだタマゴはゆでて、みなさんに食べていただきました。
DSCF3284 (3)


本日いしょに歩いた人21名

スタッフ 高木 栄子
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。