スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.29(水) 巡礼、水曜喫茶、ひまわりの種…

10月29日(水)

朝9時、京都教区大津聖マリア教会ご一行6名が巡礼で来られました。
10月29日1

磯山聖ヨハネ教会信徒信一さんが証言をしてくださり、水曜喫茶の方達
とも歓談。その後和哉さんの運転、信一さんのガイドで巡礼に。
10月29日2

水曜喫茶、今日は人数が少ないかと予想していたのですが、思いがけない
方達や初めての方も来られ、和子ママも友子ママもうれしい悲鳴‼
本日のケーキは、聖マルチン教会手作りで、美味しいとみなさんに大好評‼
10月29日3

午後は、午前とうってかわって静かなひと時。
みんなで、ひまわりの種を整理したり、園芸活動をしました。
10月29日4

なんとなくあわただしい1日でした。

本日いっしょに歩いた人たち 27名

スタッフ 高木 栄子
スポンサーサイト

2014.10.28(火) 強風、雨、空には虹が……

10月28日(火)

朝から強風が吹きまくり、急な雨が降ったり、青空が見え出したりと。
空を見上げると、きれいな虹がくっきり。それでもまた、雨が降るし。
10月28日1

あまりの強風で、12本立てるのぼりもわずか4本にしました。
10月28日2

ニワトリ達も風除室に避難して、風がおさまるのを待っているかのよう。
10月28日3

そんな中、一子さんが美味しそうな「はらこめし」を持って来てくれました。
10月28日4

夕方は、キイ子ママが「おそばと天ぷら」を差し入れてくれました。
みなさん、いつもいつもありがとうございます。

本日いっしょに歩いた人たち 9名

スタッフ 高木 栄子

2014.10.26(日) 芋ほりに春菊苗植え…初めての農作業‼

10月26日(日)

午前、川井ちゃんは広畑仮設にてカットサービス。
午後は、広畑仮設の畑で、芋ほりがあるというので参加させてもらいました。
川井ちゃんは、「起こし作業」で、結構力がいるので、フーフーと。
10月26日1

わたしは、サツマイモを土から引っ張る作業ですが、これも結構大変でした。
10月26日2

10月26日3

終了かと思いきや、次は春菊の苗植え作業。これは初めての体験‼
苗をビニールハウスの土にていねいに植えていきます。繊細な作業の連続。
10月26日4

10月26日5

「これからは、鍋の春菊を大事に食べま~す」と宣言する川井ちゃんと高木。
スーパーで野菜を買うことは簡単ですが、作ることはホント大変ですね。

本日いっしょに歩いた人たち 16名

スタッフ 高木 栄子

2014.10.25(土) 今日からヘアカットボランティア

10月25日(土)

昨晩11時過ぎに、名古屋からヘアーカットボランティア川井ちゃんが到着。
本日、雁小屋仮設とセンターしんちで、カットサービスをしました。
お昼で帰る高橋さんご夫妻は、アサガオの種をとったり、ニワトリの世話を
したりと、出発間際まで活動されていました。
10月25日1

アフター5のカットサービスでは、センターしんちご常連の3人衆がそろって
サッパリと‼
10月25日2

こちらの不手際で、川井ちゃんの予定が入ってなくて、一時は川井ちゃんを
がっかりさせてしまいました。ゴメンナサイ‼

本日いっしょに歩いた人たち 15名

スタッフ 高木 栄子

2014.10.24(金) 巡礼~南相馬~

10月24日(金)

長崎からのボランティア高橋さんご夫妻、和子ママ、和哉さん、高木の5人で
カリタスジャパン原町ベースに行きました。
10月24日1

電話でお願いをしてあったので、シスター畠中が南相馬コースをガイドして
くださいました。
6号線が開通してから初めてのわたしは、車窓から見える景色にも緊張が
走り、深いため息をつく場面もしばしば。
窓も一切開けず、エアコンも使用していないのに、車内ではかった線量は
最高で「9.14…マイクロシーベルト」もあり、その数字に一同ショック‼
そこまでの数値はない場所でも、ほぼ正数値を表示しており、外では、
マスク1枚で働いておられる方もたくさんいらっしゃいました。
富岡駅前に慰霊碑があり、それぞれの思いで手を合わせ、祈りました。
10月24日2

10月24日3

10月24日4

10月24日5

「原発のない社会を求め続けて行こう」と決意を新たにしました。

本日いっしょに歩いた人たち 20名

スタッフ 高木 栄子

2014.10.23(木) 歌あり、体操あり、ミニバザーもの広畑茶話会

10月23日(木)

お昼前、遠く長崎よりボランティアの眞司さん・靖子さんご夫妻が到着。
早速、午後の茶話会の準備に加わっていただきました。
第35回広畑茶話会は、ケーキとコーヒーだけでなく、歌あり、体操あり、
そして外ではミニバザーも。
10月23日1

10月23日3

心も体もリラックスのひと時です。
そうそう、この茶話会で忘れてはならないのは、一番人気のお抹茶‼
毎回何人かの方がたててくださいます。
日常で味わえないひとときです。
10月23日2

本日いっしょに歩いた人たち 26名

スタッフ 高木 栄子

2014.10.22(水)すごい賑わい、水曜喫茶、夜は新鮮サバ味噌煮‼

10月22日(水)

おなじみ「水曜喫茶・支援センターしんち」ですが、うれしい悲鳴で、迎えに
行った和哉さんから「定員オーバーで~す」という電話が入り、あわてて、
2台目のお迎え車を出しました。
仮設の方々を中心に、取材のマスコミの方々、巡礼の中部教区の方々と、
20名を超える人が集会室に集まりました。
10月22日1

本日のケーキは、聖マーガレット教会提供の「キャロットケーキ」です。
10月22日2

おみやげには、一宮聖光教会からのパウンドケーキ。感謝‼感謝‼
10月22日3 (2)


夕食には、サバの味噌煮と精進揚げで、取材に訪れたマスコミの方も
大変感激されていて、「また、新地に来ます‼」との発言。
10月22日3

新地は、誰にも優しく温かく、また来たいと思わせるところです。

本日いっしょに歩いた人たち 28名

スタッフ 高木 栄子

2014.10.21(火) ニワトリさん天国に…、夜はカニざんまい‼

10月21日(火)

朝9時頃、ネットのそばにうずくまっているニワトリを発見。別のニワトリに
突っつかれていました。あわてて、マッチャンと松男さんを呼んできました。
マッチャンが中に入り、ニワトリを助け出して抱いて外に。
それから約1時間、ニワトリ大好きの葵ちゃんと和哉さんに見守られ、
ニワトリさんは天国に旅立ちました。
今まで、わたしたちを楽しませたり、喜ばせたりしてくれたことに感謝‼ 
ありがとう‼ 

午後、太一さんがカニをたくさん差し入れてくれました。思わずニッコリ‼
といっても、うまく調理できないため、二三ちゃんとみっちゃんに声掛け。
早速かけつけてくださり、あっという間にゆでカニ、カニ味噌、カニ鍋が‼
美味しくいただきました。
あ~幸せ‼
1日も早く安心して漁ができることを祈っています。

DSCF0397.jpg

10月21日2

10月21日3

本日いっしょに歩いた人たち 10名

スタッフ 松本 普、高木 栄子

2014.10.19(日) 2人だけの礼拝と開かれたセンター

10月19日(日)

⦿昨日の昼に弘前より来訪、雁小屋仮設で指圧マッサージに汗を流した
 飯村裕子さんでしたが、今朝は日曜の主日で2人だけの朝の礼拝を
 しました。礼拝後、裕子さんは前日につづき雁小屋仮設に向かいました。

10月19日

⦿地元常連さんの昌之さんと信幸さん。モーニングコーヒーで歓談交流。
⦿朝ニワトリの世話をしていたら散歩中の仁平さんにばったり。
 「昨日、広畑仮設から集団移転先の作田西に引っ越ししたんだ」とのこと。
 仁平さんは3・11震災当日は、磯山聖ヨハネ教会で一昼夜を明かした
 17名中の一人でした。
⦿12月に放送予定の「特別番組」でNHKさんが新地町を取材中。
⦿センターしんちにも来訪。しばし意見交換をしました。
 正子さんと孫娘のさやちゃん来訪。「これニワトリさんに、これセンターさんに」と、
 野菜と新米が。

本日いっしょに歩いた人たち 30名

スタッフ 松本 普
,

2014.10.18(土) あの感動を忘れずに……と、二人で礼状

10月18日(土)

名古屋聖ヨハネ教会では、「いきいきサロンと、西出百合香さん民謡三味線ライブ」が、
名古屋柳城短期大学体育館では、新地でサマーキャンプボランティア活動を継続して
いる学生・教職員との集いが、名古屋聖マタイ教会ホールでは中部教区関係者他との
夕食交流会が、湯浅さん名ガイドで名古屋港水族館へ……などなど。「いや~、どこ
行っても温かいもてなし、歓迎、再会とのことでした。
 よかったね~和子ママ、友子ママ、そして名古屋の皆さ~ん。

10月18日1

10月18日2

10月18日3

10月18日4


本日いっしょに歩いた人たち 29名

スタッフ 松本 普

2014.10.17(金) フラワー・アートで個人授業、二人の「看板娘」名古屋行脚より無事帰る


10月17日(金)


◎フラワーデザイナーの資格を持つ秦さん。菊地一子さんは、付きっきりの
 「個人レッスン」で花作りの創作活動に取り組みました。
 10月17日1

 10月17日2


◎「猛暑の名古屋を避け、秋になったら名古屋へ行きたいね」と旅立った
 和子ママと友子ママが今夜、無事に名古屋より戻りました。

本日いっしょに歩いた人たち 11名

スタッフ 松本 普

2014.10.16 (木) 本日5つのトピックス

10月16日(木)

(その1) 小物入れ創作のため来訪されていた<友の会(東京・福島・神戸)>の皆さんと久し振りに再会。「不要となった献品を必要なところへ」とのリサイクル精神で、センターしんち・広畑仮設から「布地」が、福島から岩手(大槌)へ移送することになりました。

DSCF0382.jpg

(その2) 新地の地蔵川沿いで昨日アザラシ出現。「台風19号の影響で迷い込んだのでは…」と珍客来訪に地元町民が優しく心配顔。我らが和哉くんもカメラ片手に早速現場へ。

IMGP5125.jpg

IMGP5121.jpg

(その3) 長かった避難生活を終え、再建された自宅に戻った直後に急逝されたTさんの居宅訪問。お焼香の後、妻のKさん妹のYさんと歓談。何とYさんは、「小学生の時日曜学校へ行くのが楽しみで、毎週よく磯山聖ヨハネ教会に行っていた。」との事。

(その4) 「ニワトリ大好き」な葵ちゃんがひとしきりニワトリと遊んだ後「勉強教えてー‼」とセンターホールにやって来ました。

DSCF0384.jpg


(その5) 雁小屋仮設入居中の南相馬の漁師太一さんから「生シャケ1尾取りにくっか?」とTELがありました。勿論頂きに参上。そのあと直ぐに調理師免許のある常連来訪者宅へ立ち寄り食べ易くすべて切身に。建前のお祝のおもちもいただきました。今日のセンターの夕食は、すべて地元の皆さんからのおすそ分けでした。ごちそうさまでした。


DSCF0385.jpg

 今日も皆さんありがとうございました。

本日いっしょに歩いた人たち 45名

スタッフ 松本 普

2014.10.15 純子ママ、水曜喫茶で奮闘

10月15日(水)

・昨日届いた、東京八王子復活教会さんからのシホンケーキを「コーヒー受け」に。16名のみなさんが、オープンカフェに来訪されました。和子ママ・友子ママという看板娘が名古屋行脚の旅に出ているため、ボランティアで来訪中の秦純子さんが、美味しいコーヒーを入れ、来訪者との歓談交流のひと時を代行して下さいました。

DSCF0376.jpg

DSCF0377.jpg

・顔馴染みになった常連来訪者の県・復興支援員のHさんから「僕、結婚しました。」との報告あり、喫茶会場の全員から歓喜の拍手が…。おめでとうございま~す。

・亘理のバプテスト教会信徒のAさんからパイプ椅子8脚の献品がありました。ありがとう。

DSCF0380.jpg

・小学生のA子ちゃんが「これニワトリさんに」「これまっちゃんに」と野菜と菓子パンの差し入れが。ありがとう。

いっしょに歩いた人たち  25名

スタッフ 松本 普

2014.10.14(火) お二人、晴れて旅立ち

10月14日(火)

・「良かった~、飛行機飛ぶよ~‼」と仙台空港入りしていた和子ママから歓喜の携帯TELが入りました。昨夜から急に速度を速め勢力も劣えて東北沖へと通過していった大型台風。

・時折り強風が吹くものの、台風一過で快晴の下、お二人はセンターしんちで出会った多くの仲間たちが待つ名古屋へ旅立って行きました。「珍・道中」のご無事を祈りつつ。

・しかし、新地では大雨による洪水が…特に排水ポンプ・水門が機能していない沿岸部では地盤沈下した上に、この大雨で、埒川などが氾濫してしまいました。

DSCF0375.jpg

DSCF0374.jpg

DSCF0370.jpg

いっしょに歩いた人たち  12名

スタッフ 松本 普


2014.10.13(月) 超大型台風19号接近

10月13日(月)

・先週末からの連休最終日の「体育の日」、ニュースでは早朝から台風接近に伴う陸・海・空の各便「運休」が報じられていました。

・実は、我らが「センターしんちの看板娘」と称されている和子ママ・友子ママの「名古屋行脚の旅」(14日~17日)に暗雲が立ち込めてきました。…「東北地方は14日、最接近」とTV速報では進路予測を繰り返し放送しています。名古屋からも「大丈夫?」の問い合わせが。

いっしょに歩いた人たち 5名

スタッフ 松本 普

2014.10.12 秋の実りを沢山ありがとう!

10月12日(日)

・センターしんちは、被災者。被災地支援センターとして、ここ新地に拠点を置き、ゆたかに用いられています。3年7か月もの長い道のりを共に歩んでこれましたこと、感謝せずにはおられません。

・しかし、本当のところセンターしんちのゆたかさは、地元町民のみなさんから、こうして四季折々の自然界の実りの捧げものによって支えられているように思います。被災者。被災地の皆さんありがとう‼ 

DSCF0379.jpg

・東京から関戸順子さんと八王子復活教会さん、千葉から倉石昇さん、京都から大杉紀美子さんからも支援物資の献品ありがとう‼ 感謝。

2014.10.11(土) 3年7か月目の聖餐式

10月11日(土)

・自宅再建を果たし避難生活に終止符を打った元被災者も多くなってきましたが、未だに仮設住宅での避難生活を余儀なくされている被災者もまだ数多くおられます。自宅と同様、墓地まで流失してしまった沿岸地区のコミュニティでは、仮設住宅内にご遺骨を安置されているご遺族もおられます。

・長谷川司祭による磯山聖ヨハネ教会聖餐式(ミサ)が仮礼拝所(研さんスタジオ)で執り行われました。出席された遺族信徒でもある中曽茂さんと歓談する機会がありました。…いま、作田東の集団移転先に自宅を再建中。でも避難生活が続く広畑仮設の自宅には、妻順子と両親の三人の遺骨が安置されたまま。…納骨できずすまないという気持ちと、あれ以来3年7か月もの間いつも一緒に居れて良かったという両方のおもいがある。…と茂さんは語って下さいました。

DSCF0369.jpg

・震災によるすべての被災者、ことに逝去されたお一人おひとりの上に、主の慰めと平安が豊かにありますように。

いっしょに歩いた人たち  14名

スタッフ 松本 普

2014.10.10 (金) 昨日につづき、今日も屋内・デスクワーク

10月10日(金)

・「まっちゃんスタッフが、昨日名古屋より戻り、今日高木栄子さんが名古屋へ戻る」ということで、申し送り事項・会計・日程(スケジュール)確認の打ち合わせなどの事務引き継ぎ…をしました。

・震災から明日でちょうど3年7か月。最前線の現場センターしんちには、今日も全国から支援、救援物資が届けられています。
 東京から鄭香均さんのキムチ、名古屋から津田裕子さんタオル、お菓子セットなど受け取りました。感謝‼ 礼状返信は大切なデスクワークです。

いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ 松本 普
      高木栄子

2014. 10.9  (木) 今日も屋内・デスクワーク

10月9日(木)

・巡礼者~レクチャー~居宅訪問~仮設・センターでの各ほっとコーナー…などのプログラムが無い時は、もっぱらセンター・ホール内外での活動が中心となります。

・来訪者との歓談交流の合間を見てのお茶出し~ブログ~会議レジュメ~活動日誌~養鶏~のぼり旗出し入れ~ガーデニング~などがその屋内・デスクワークになります。

・「だいじに東北」スタッフミーティングが仙台の本部事務局で開催。名古屋から戻る途中でマッチャンが出席。

本日いっしょに歩いた人たち  18名

スタッフ 松本 普
      高木 栄子

2014.10.8 (水) 水曜喫茶ワイワイ、ラーメン店開店、皆既月食

10月8日(水)

朝7:30分前、久しぶりに松男さんが「おはよー」と。いっしょにモーニングコーヒーを。
旗もひとりで立ててくれました。
水曜喫茶は、午前だけでも10名以上来ていただき、ワイワイと。ちょっとしたトラブル
発生。急きょ、長崎の高橋さんご夫妻が送られた「カステラ」を提供しました。午後は、
どうしようかと思案していると、復興支援メンバーの方が、「いただきものですが」と
対馬みやげの「かす巻き」を差し入れてくださいました。長崎続き、感謝です!
10月8日1

10月8日2


近所にラーメン店が開店ということで、全品200円引きにつられて、「行こう!」と。
車で6号線から見たところ、1時間前に出かけた方が、先頭で並んでいました。
もちろん断念し、コンビニで昼食を買い求め、センターで食べました。
新地町で初めて見た、食べ物屋さんでの行列。

夜、和子ママより「皆既月食始まっているよ」との電話。早速外に出て夜空を
見上げると、くっきりと見えました。ビルも何もない、自然そのものの風景に
しばし見とれてしまいました。

本日いっしょに歩いた人たち 20名

スタッフ 高木 栄子

プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。