スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年1月31日(土) 無事でした‼ 14羽のニワトリ

1月31日(土)

昨夕、雪の中、ニワトリ小屋のカギを締めに行ったところ、中には5羽だけ。
下をのぞくと、何羽かいるがとても9羽には見えず、まさか雪に埋もれたかと
ドキドキしながら寝ました。

朝6:30過ぎ、ニワトリ小屋に行こうとすると、一面雪景色。長靴の中にも
雪が入るため、まずは通り道作り。あせって雑ですが…。
31日1

31日2

やっと、ニワトリ小屋に到着すると、いました‼ いました‼ 14羽、よかった。

元気に小屋から出てきましたが、寒さで風除室に入り込みました。
31日3

温かい太陽が照り続けて雪が解けてくると、一生懸命エサを食べていました。
31日4


本日いっしょに歩いた人たち 9名

スタッフ 高木 栄子
スポンサーサイト

2015年1月30日(金) ナント想定外の大雪‼ 茶話会中止

1月30日(金)

天気予報では、それほどの雪でなかったため、ノボリも出しデスクワークを続け、
ふと窓の外を見ると、真っ白に風景が変わっていました。
30日1


昼過ぎ、第38回広畑茶話会(センターしんち会場初めて)のため、仙台一行が
到着。相談の結果、本日の茶話会は中止と決定。
たくさんのケーキを広畑仮設にお届けしました。
恵子さん、洋子さんも思わずニッコリ‼
30日2

美味しそうなケーキです。
30日3

この後、お二人は、本日の参加予定の方たちにケーキを届けてくださいました。

センターに戻ると、ニワトリ達も寒そうでした。
30日4


本日いっしょに歩いた人たち 17名

スタッフ 高木 栄子

2015年1月29日(木) 訪問客とハチアワセ

1月29日(木)

信幸さんと長谷川センター長は打ち合わせのため、センターしんちで
待ち合わせ。所用で遅くなるセンター長。
そこへ、カリタスジャパン原町ベースの山田さんとお二人のシスター。
信幸さんは3・11の津波の写真を見せながら説明をしてくださいました。
1月29日1

と、センター長も到着。
時間はたくさんあるはずなのに、ちょうどハチアワセするんですね~。

でも、みなさんコーヒーを飲みながら、いろいろお話ができたようです。
1月29日2


本日いっしょに歩いた人たち10名

スタッフ 長谷川清純、高木栄子

2015年1月28日(水) 静かな「水曜喫茶」

1月28日(水)

スタッフ松本と常連の松男さんは、車で水曜喫茶参加者のお迎えに。
恒子さんと妙子さんのお二人でした。いつも元気なせっちゃんは、カゼで
体調不良。第2ママの友ちゃんもまだ回復せずお休み。
ということで、午前中、静かな落ち着いた「水曜喫茶」でした。
妙子さんのお話をじっくりお聴きすることもでき、歌や手拍子がない時間も
たまにはいいかと。

午後、名古屋に帰るスタッフ松本のバスを見送っていたところに
みっちゃんと二三ちゃんがタラやカレイを持って到着。
「マッチャン、一歩遅かった‼ 残念」

本日のお菓子は、聖マーガレット教会から「マドレーヌ」。
いつも美味しいお菓子をありがとうございます。
1月28日1


アフター5.夕食交流会は一子さん、葵ちゃんもかけつけ、おさかなを
堪能しました。しあわせ~‼

本日いっしょに歩いた人たち 18名

スタッフ 松本 普、高木 栄子

2015年1月26日(月) ほっとシネマ、「キューポラのある街」

1月26日(月)

本日のほっとシネマは、広畑仮設で「キューポラのある街」を上映。
サユリストが喜ぶ懐かしの映画。貧しいながらも明るくひたむきに
生きる少女を吉永小百合が熱演‼ なんと17歳です。
映画を観ていた方々も、懐かしい(?)青春時代に戻ったのでは?

本日いっしょに歩いた人たち 17名

スタッフ 松本 普

2015年1月25日(土) ほっとシネマでなつかしの「ダンボ」

1月25日(土)

雁小屋仮設にて、ほっとシネマを開催。土曜の午後ということもあり、
おとなも子どもも楽しめる「ダンボ」を上映。
1月25日1

1941年にディズニ―によって製作されたアニメーション映画。70年
以上も前の作品なのに、ちっとも古さを感じさせず、むしろ現在に
通ずる内容。個性的なダンボ‼
みなさんも観てみませんか?
13名の方が参加されました。

本日いっしょに歩いた人たち 33名

スタッフ 松本 普

2015年1月24日(土) 仙台YWCAにて講話

1月24日(土)

スタッフの松本は、仙台YWCAにて、「あれから3年10ヵ月、いま被災地では
~福島県新地町報告~」と題して、お話をしました。
約20名の方は、被災地・被災者のニーズについて、いっしょに学びました。
仙台YWCA

「東日本大震災」をマスメディアが取り上げる機会はグッと減っています。
「孤独死」や「自死」を起こさせないために、わたしたちひとりひとりができる
ことは何でしょう。

本日いっしょに歩いた人たち 28名

スタッフ 松本 普

2015年1月21日(水) 水曜喫茶と居宅訪問

1月21日(水)

8時過ぎ、磯山聖ヨハネ教会再建用地周辺の「伐採」予定樹木のチェックに
信幸さんとスタッフ松本は出かけました。1日も早い、教会再建を祈ります。
1月21日1

お馴染み「水曜喫茶」の日。カゼで体調をくずす方もおられ、全部で11名。
1月21日2

ケーキは、聖公会八王子復活教会お手製。いつもありがとうございます。
参加者には、醤油やチャーハンの素にマスクのお土産つき。
「水曜喫茶」常連さんで、参加されなかった方々のお宅訪問をし、お土産を
お渡ししました。
みなさま、カゼ、インフルエンザに気を付けてくださいませ。

本日いっしょに歩いた人たち 21名
スタッフ 松本 普

2015年1月19日(月) 「教会復興プロジェクト」委員会開催

1月19日(月)

⦿今年最初の委員会は加藤教区主教陪席の11名でセンターしんちを会場に熱心に祈り・話し合いが行われた。途中電力使用量オーバーでヒューズが飛んでしまい真暗闇。スーパーハウス別棟でデスクワークをしていた2室も真っ暗に。

⦿ホールのエアコン2台のうち1台と、別棟2室の計3つのエアコンをオフにしてもらい、電源元のヒューズ再接続。

⦿再建される磯山聖ヨハネ教会が暗闇を照らす光となりますように。

いっしょに歩いた人たち 22名

スタッフ 松本 普

2015年1月18日(日) 卵を産まなくなった14羽の仲間たち

1月18日(日)

⦿5人の常連さんがそろいました。うち「ニワトリのえさに」と顔を出してくださる小川の厚子さんは「仕事に行くから」とそのままセンターを後に。4名で朝のコーヒータイム。9:30着のJR代行バスで秦さん到着。ダブル松で送迎途中無料こち帰りOKの自動精米所でトリエサ用の糠(ぬか)をいただきました。

⦿こうして多くの来訪者と皆さんが愛情込めて飼育している鶏たちですが最近は冬場であることも手伝ってか、日に1~2個しか卵を産まなくなりました。

DSCF0727.jpg

⦿秦さんは二三さんとパン作り。そして午後にかけブログも更新。

いっしょに歩いた人たち 8名

スタッフ 松本 普

2015年1月17日(土)  阪神淡路大震災から20年

1月17日(土)

⦿常連来訪者のみなさんにモーニングコーヒータイムをとっていただいている間、雁小屋仮設で体験宿泊中の日野さんを井戸川恵子さんが角送り。見えなくなるまで手を振って見送っていました。

⦿9:00に阪神淡路大震災と東日本大震災の関係者を覚え、4名で合掌・祈りを共にしました。その後日野さんと3名で巡礼。相馬港~大戸浜~作田~磯山へと、日野さんは13時前のバスで新地を後にしました。

いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ 松本 普

2015年 1月16日(金) 来訪者と野菜(三つ葉)を全戸に配る

1月16日(金)

⦿福島から四国地方に避難した「原発」被災農家さんから毎年新地町の全8仮設住宅に<三つ葉>が届きました。ここからが大変で各仮設では自治会役員さんがそれぞれ全世帯に平等に届くよう小分けにし全戸に配っていきます。日中就労している役員さんが多く少人数でやることは<ひと仕事>と言う訳です。

⦿今日、名古屋から継続的に来訪されている日野さんが新地入り。面識のある和子ママがバス停に迎えに行き雁小屋に先着しているダブル松ちゃん(南端松男さんと松本)と合流しました。この4名が加勢して先述の自治会<三つ葉>全戸配りの応援をしました。

DSCF0715.jpg


⦿「冬場の仮設避難生活の体験を」と、寝袋持参で来訪された日野さんは、役員さんの許可をいただき雁小屋仮設小集会室で宿泊しました。

いっしょに歩いた人たち  31名

スタッフ 松本 普

2015年 1月15日(木) 歓談交流と居宅訪問

1月15日(木)
⦿全国からセンターしんちの働きを共に支え、協働して下さる団体・個人はとても多く、ここ福島県相馬郡新地町の「被災地・被災者との関係」も大変ゆたかにされています。震災直後(緊急事態期)の<支援↔被支援>と言う関係は、3
年10ヵ月(復興自律期)を経た今では、センターしんちの働きを共に支え協働している地元の無くてはならない大切な同労者になっています。 そんな大切な仲間で自宅再建を果たした友子さんと寺島キイ子さん・聖哉さん宅を訪問して来ました。

DSCF0710.jpg

DSCF0711.jpg


※但し、福島県の被災者のうち「原発避難者」の道のりは遠く3年10ヵ月を経てなお10万人を超す厳しい現状です。

いっしょに歩いた人たち  11名

スタッフ 松本 普

2015年 1月14日 名古屋柳城短大「チーム・パテシエ」で水曜喫茶

1月14日(水)

⦿「きな粉と抹茶の黒みつ入りシフォンケーキを作りました」とのメッセージ入りケーキを戴きながらの水曜喫茶。16名が利用しました。ホール傍らでは、田中詳子さん施行の指圧マッサージ。前日から2日間で8名が「とっても楽~になりました。ありがとうございました。」と気持ち良さそうに帰って行きました。

DSCF0692.jpg
DSCF0705.jpg

いっしょに歩いた人たち 25名

スタッフ 松本 普

2015年 1月13日(火) 指圧マッサージとキムチ鍋で「続・旗開き」

1月13日(火)

⦿仙台の一つ手前の東北新幹線「白石蔵王」駅で降車した田中詳子さんは、水曜喫茶でお馴染みの白石在住の加藤和子ママの車でセンターしんち入り。到着早々待ちわびていた3人が次々と「お願いします~」と横になって指圧、マッサージを受けていました。

⦿新地町「シルバーダンスクラブ」を月に一回「講師」役で来訪している大阪の大塚博さんがお仲間一人とセンターしんち入り。アフター5の夕食歓談交流は「キムチ鍋で旗開き」となり全ての食材を提供。常連さんを含む11名で鍋を囲みました。

DSCF0690.jpg

⦿地元新地の森春男さん、みや子さんご夫妻より「あんぽ柿」、東京・月島聖公会より「下仁田ネギ」が差し入れられました。心を込めて「ありがとう‼」

いっしょに歩いた人たち  25名

スタッフ 松本 普

2015年 1月12日(月)続々と「旗開き・新年あいさつ」

1月12日(月)
⦿毎朝あいさつを交わすジョギング中の谷親子に始まり、広畑「だいこんの会」栽培収穫の春菊持参で荒浩美さん~昼前にセンター長(長谷川司祭ファミリー)一行~新地自動車会長(裕一さん)~町会議員(信幸さん)~中曽茂さん~「雁小屋仮設自治会役員さん」~などなど、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

いっしょに歩いた人たち 23名

スタッフ 松本 普

2015年 1月11日(日)月命日に中曽順子さん、えりさん母娘が

1月11日(日)

⦿あれから3年10か月の月命日。顔がそろったところで常連さんと合掌・祈り今日の一日が始動。地元紙「福島民報」では月命日に当たる毎月11日朝刊で「あなたを忘れない」シリーズを特集しています。49回目の先月(12月)は<三宅実・よしみ>夫妻で50回目の今日は<中曽順子さん>,
と新地町の磯山聖ヨハネ教会信徒が二回連続で報道されました。

DSCF0700.jpg

⦿次女えりさんが、新地町「成人式」に出席。震災でお母様の順子さんと祖父母の実さん・よしみさんを同時に亡くされたえりさんは当時17歳の高校生でした。記事では、「お母さんの分までしっかり生きよう」との子どもたちの胸に秘めた決意が紹介されていました。

DSCF0699.jpg


いっしょに歩いた人たち 26名

スタッフ 松本 普 

2015年1月10日(土)  感謝!新年最初の聖餐式

1月10日(土)

⦿長谷川司祭司式で今年初めての聖餐式がセンターしんちで執り行われました。昼食をはさんで、新年度の磯山聖ヨハネ教会役員選挙

DSCF0686.jpg


⦿今年も各地から支援物資が届いています。感謝です。名古屋柳城短期大学<チーム・パテシエ>、ルーテル教会中村朝美さん、京都から大杉紀美子さん、…ありがとうございました。

iいっしょに歩いた人たち 17名

スタッフ 松本 普

2015年1月9日(金) ロングタイム・ボラ高木さんありがとう

1月9日(金)

⦿昨年くれの29日から、センターしんちで正月休み返上のフル回転で、屋内屋外の様々な働きをコーディネートして下さった高木栄子さん、夕方高速バスで新地町を後にしました。

⦿ソーラー灯、常連さん(3~4名)と毎朝のコーヒータイム、養鶏、正月休みを利用して来訪される各地からのボランティア受け入れ…などの対応。お疲れさま~ありがとう‼

本日いっしょに歩いた人たち  11名

スタッフ 松本 普

2015年1月8日(木) 再び猛風の季節  新年最初の居宅訪問

1月8日(木)

いやー、夜中の風はすごかった‼ 強風、猛風、なんと表現すればよいのか‼
窓ガラスが割れるのではと、何度か思いました。おかげで、松本・高木は、
寝不足気味……。
そんな眠気も吹き飛ぶような、常連4人衆の熱きおしゃべりが朝から。
8日


10時ごろ、プレゼントを持って、松本・松男さん・高木は新年最初の居宅訪問。
いつも、高木と同行してくれる友子ママはカゼでダウン、お休みです。
3人で、7軒のお宅を訪問。久しぶりにお目にかかることができた方もおられ、
うれしいひと時でした。

本日いっしょに歩いた人たち 24名

スタッフ 松本 普、 高木栄子



プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。