スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年3月27日(金) 巡礼・秋田聖使幼稚園一行

3月27日(金)

朝、二三さんが獲れたての「白魚」を差し入れてくれました。
すぐに、お刺身で味わってみました。「おいし~い‼」

昼には、弘前から指圧・マッサージボランティアの裕子さん到着。
早速、雁小屋仮設住宅にて、6名の方々の心身を解きほぐしました。

午後、秋田聖使幼稚園教員5名と長谷川センター長来所。レクチャー後、
スタッフ松本、七夏海ちゃんと巡礼に。大戸浜~作田東~磯山を回り帰所。
センターしんちで、コーヒー・歓談中のミヨちゃんから地震当日のお話を
聴くことができました。「大きな津波は来ないと思ってしまった」の言葉に、一同
考えさせられました。
3月27日1

3月27日2

3月27日3


アフター5、裕子さんは、センターしんちにて3人の方に指圧・マッサージ。
3月27日4


夕食・歓談交流は、みなさんからの差し入れで。ホント、ごちそうさま~‼
3月27日5


PS:久しぶりにニワトリ解放‼
3月27日6



本日いっしょに歩いた人たち 38名

スタッフ 松本 普、高木 栄子
スポンサーサイト

2015年3月26日(木) スプリングコンサート原町

3月26日(木)

朝、東京から中学生の七夏海(ななみ)ちゃん来所。本日から2泊3日の
ボランティア活動。実は、七夏海ちゃんは小学生のときから仙台に来て、
ボランティア活動に参加していました。

水曜喫茶常連さん4名とスタッフ松本、友子ママ、七夏海ちゃんは、
カリタスジャパン原町ベースで行われる「小高商業高校吹奏楽部
スプリングコンサート」に出かけました。

3月26日1

3月26日2


夜、キイ子さんが差し入れてくれた「エビの天ぷら」で夕食。いつも、
いつもありがとうございます。

本日いっしょに歩いた人たち 48名

スタッフ 松本 普、高木 栄子

2015年3月25日(水) センターしんち前道路工事の中、「水曜喫茶」

3月25日(水)

朝から昼まで、センターしんち前の道路工事のため通行止め。
少し離れたところに使用車を置いておくことに。

3月25日1

そんな中、「水曜喫茶」開催。
本日のケーキは、聖マーガレット教会より「アップルケーキ」。
いつも美味しいです‼ ありがとうございます。

3月25日2


友子ママがイチゴを差し入れてくれたので、お持ち帰りプレゼント用に
みなさんで箱詰め。なかなかの手際の良さ‼

3月25日3


本日いっしょに歩いた人たち 23名

スタッフ 松本 普

2015年3月24日(火) 小児科医師和子さん来所

3月24日(火)

朝の祈り、意見交換、部屋清掃後、松蔭高校生と坪井チャプレンは、
吉村号でセンターしんち出発。いろいろ感じたことや心に触れたことが
あったのではないでしょうか。

入れ替わりに、小児科医師の和子さん来所。雁小屋仮設にて、
医療ボランティアについて意見交換をしました。

本日いっしょに歩いた人たち 14名

スタッフ 松本 普

2015年3月23日(月) 迷い鳩、センターしんちにいついてしまった‼

3月22日(月)

松蔭グループは、大学生が朝のバスで出発。高校生は、ボランティアの吉村さんと
石巻に。
センターしんちでは、屋内ワーク(片づけ)。結構大変でした。

なお、けがをした伝書鳩を保護していましたが、「エサ」の魅力のせいか、「解放」
するも、センター周辺屋根に居ついてしまいました。

3月23日


本日いっしょに歩いた人たち 21名

スタッフ 松本 普

2015年3月22日(日) ビーチク隊参加、日曜礼拝、そして仮設で粉ものパーティー

3月22日(日)

松蔭グループ12名は、ビーチク隊(ビーチクリーニング隊)に参加。大戸浜~
舞子浜清掃。みんなの力できれいになったでしょう‼
3月22日1 (2)

10:00から研さんスタジオで日曜礼拝。坪井チャプレン司式、信一さん証言。
その後、参加者で歓談交流。
3月22日2

午後は、雁小屋仮設住宅にて「粉ものパーティー」。関西人にとってお手のもの
の「タコ焼き」ですが、果たして結果は? 子どもたちも楽しみにしていました。
3月22日3

3月22日4


本日いっしょに歩いた人たち 63名

スタッフ 松本 普

2015年3月21日(土) 松蔭女子学院大学生と松蔭高等学校生巡礼に

3月21日(土)

レクチャー後、昨日センターしんちに到着した松蔭女子学院大学生6名と、
本日到着した松蔭高等学校生5名と(おなじみ)坪井チャプレンは、スタッフ
松本、友子ママと巡礼に。ふじ幼稚園では、天国に行った園児や順子先生
を想い、思わず涙ぐむ学生も。
3月21日1

3月21日2

3月21日3


3月21日4



坪井チャプレンは車中泊とのこと。お疲れさまです‼ 慣れているのでしょうか。

本日いっしょに歩いた人たち 17名

スタッフ 松本 普

2015年3月20日(金) センターで40回目の「広畑」茶話会

2015年3月20日(金)

⦿午前中は久し振りのキイ子さんを含む、常連町民さん4名が来所。元気な笑顔で歓談・交流。

⦿午後は仙台圏聖公会の婦人会が企画し継続に取り組む「広畑」茶話会が、節目の40回目を数え、センターしんちを会場に開かれました。月1回ペースで3年3ヵ月つづいている、オープン・カフェ プログラムです。

⦿広畑仮設住宅は、被災4年を経て、自宅再建など避難生活に終止符をうたれた、元「被災者」の退去に伴い、「空き室」率90%を超え、集会所でのイベント等、総ての「支援プログラム」を終了。会場をセンターしんちに移しての支援活動として継続している訳です。

DSCF1046.jpg

いっしょに歩いた人たち 29名

スタッフ 松本 普
      明城 和子

2015年3月19日(木) 終日、屋内・デスクワーク

2015年3月19日(木)

⦿終日小雨が降りつづく1日でした。明日から一日ずれの3泊4日(通しで4泊5日)の学生ボランティア10名がセンター入りとあって、準備に万全を期す。秦さんはブログアップ・新聞切り抜きファイル・創作など屋内ワークに集中。

⦿3人の常連町民さんは小雨の中「おはよ~!」と来所。この常連さん達の朗らかで元気な自然体のあいさつが、センター活動の元気な始動の源流で~す!!

いっしょに歩いた人たち 5名

スタッフ 松本 普
      明城 和子

2015年3月18日(水) 八王子復活教会支援ケーキで水曜喫茶

3月18日(水)

⦿震災直後から医師として、主に南相馬市で活動をつづけている北川恵以子さん来所。「喫茶ママ」の和子さんと、カフェオープンに向け準備の手伝い。「送迎車」は仮設住宅~居宅を巡回し、センターへ。
今日は22名の「ご来店」、八王子復活教会提供のケーキで、美味しく楽しい「ほっとコーヒータイム」を満喫しました。関係者の皆さんありがとうございました。

DSCF1043.jpg

DSCF1045.jpg

⦿友子ママと秦さんは、居宅訪問活動へ。笑ったり、泣いたりスキンシップいっぱいの、とても大切な活動で、震災から4年を経てますますそのニーズが高まるメンタルケアー活動となっています。

いっしょに歩いた人たち 47名

スタッフ 松本 普
      明城 和子

2015年3月17日(火) 立大・BSA第8支部 ワーク終了

2015年3月17日(火)

⦿2泊3日、ワークフル回転の立大生のみなさんありがとう。
昼には、センターしんちを発ち一路帰京ということで、今日も最後のワークに汗を流しました。お蔭様で分別ゴミも沢山できました。
うち、「燃えないゴミ」「ビン・カン」類が大6袋出、地主の堀内さんが軽トラで回収。

DSCF1042 (2) (640x480)

⦿今日からボランティアに入った秦さんから、来年4月から新社会人となる立大4年生の真桜さんに<<就職祝い>>のプリザーブドフラワーが贈られました。オメデトー、真桜さん!!

いっしょに歩いた人たち 11名

スタッフ 松本 普
      明城 和子

2015年3月16日(月) 巡礼~視察~ワークに「いなり寿司}

3月16日(月)

⦿立教大学BSA第8支部と、柳城幼稚園の先生は前日につづき屋内ワークに汗(?)を流しました。常連来訪者のお一人「社長さん」が新地町復興のためとは言え、4年目の今年もこうして来てくれるなんて~、と思いを込め「よし、今日の昼メシ持ってくっから、なんも用意すんな~!」と。

⦿お昼に、良子さん(社長のお連れ合いさん)が沢山のいなり寿司とつけものの差し入れに。ワーク・ボランティア、スタッフ全員が思わず「やったー!おいなりさんだ~」と拍手。良子さんと一緒に楽しい昼食歓談のひと時となりました。

DSCF1038.jpg

⦿ワークは午前中で終え、午後からは巡礼~視察~訪問のプログラムに。東林寺~大戸浜~磯山の教会跡地~ふじ幼稚園と巡り、4年目の追悼・慰霊・証言傾聴のひと時を持ちました。特にふじ幼稚園園長と雁小屋仮設での「原発被災者」の証言はボランティア一行に「4年目のいま」を改めて強く再認識させる時となりました。

DSCF1033.jpg

DSCF1040.jpg

DSCF1028.jpg

 いっしょに歩いた人たち 26名

 スタッフ 松本 普

2015年3月15日(日) ふじ幼稚園卒園式に列席

3月15日(日)

⦿今日一日のプログラムは多忙なスケジュールとなりました。立教大学BSA第8支部一行3名が仙台発高速バスで来訪。

⦿カットサービスの川井さん雁小屋仮設へほっとカットに。

⦿ふじ幼稚園卒園式に参列。

⦿名古屋柳城短期大学付属幼稚園教員は初来訪。

⦿2グループのためのレクチャー、証言傾聴、巡礼…と通常ではスタッフ1人では完全に対応不可能な今日のプログラムでしたが、立教大学BSAメンバーは来所2~3回目の「ベテラン組」の再来訪とあってスタッフ不在でも黙々と支持されたワークをこなして下さいました。川井さんはセンター所有の2台の車のうち1台で責任を持って単独行動が可能なベテランボランティアさんでした。

DSCF1025.jpg


⦿と言う訳でスタッフ一人体制の松本は安心してふじ幼稚園の卒園式に参列できました。震災から4年を経た今年の卒園児、保護者、先生方の思いや涙には、また各々の想いがいっぱいいっぱい詰まっていたことでしょう。
39名のお友だち、卒園おめでとう!!

DSCF1015.jpg

⦿川井さん2日間の散髪カットありがとうございました。

 いっしょに歩いた人たち 190名

 スタッフ 松本 普

ふきのとうにスイセンが芽ぶき

⦿ほっとカットの川井さん(名古屋)による散髪カットが雁小屋仮設とセンターしんちでありました。年度末にかかる春は各地でいろいろなイベントやらで「キチッとしたい」と子どもから高齢者までが川井さんの手によってキレイ・サッパリ。「ありがとうございました~」と笑顔で帰って行きました。

DSCF1011.jpg

⦿センターしんちの国道6号線沿いの庭にも「春ですよ~!」とふきのとうやスイセンたちが芽吹いていました。自然界のさり気ない息吹に「ほっと」させられました。

DSCF1046.jpg

DSCF0989.jpg


 いっしょに歩いた人たち 54名

 スタッフ 松本 普

2015年3月14日(土) 逝去者4周年記念のミサとミニコンサート 

3月14日(土)

⦿4年前の震災で逝去された磯山聖ヨハネ教会信徒の三宅實さん・よしみ夫妻と中曽順子先生のありし日の写真が設置されたセンターしんちの仮祭壇で4周年の記念ミサが長谷川司祭司式・説教のもと執り行われました。

DSCF0992.jpg

DSCF0995.jpg

⦿ご遺族信徒のみなさん、ふじ幼稚園園長一行6名を含め24名の列席者でセンターしんちホールはいっぱいいっぱいでした。
礼拝後、この日に合わせ参列されていた音楽グループ<<聖路加で出会った仲間たち>>によるほっとコンサートが同じ会場で行われました。

DSCF0997.jpg

⦿この「仲間たち」音楽グループ一行3名は、雁小屋仮設住宅集会所で2ステージを行いました。あれから4年が経つというのに、将来の設計が全く見通せないでいる「原発被災者」のみなさんが少なからず居る雁小屋仮設住宅。4周年逝去者追悼を兼ねた<<ほっとコンサート>>に聴き入っておられました。

DSCF1005.jpg

2015年3月13日(金) 関島秀樹さんライブコンサート

3月13日(金)

⦿2011年3月の震災直後から被災各地を訪ね、歌を届けている熊本出身のシンガーソングライター 関島秀樹のライブコンサートが雁小屋仮設住宅で行われました。松男さん、公子さんと3人で参加。「やっぱ、プロはうまいもんだ」の合いの手に、関島さんも会場も爆笑でした。

DSCF0985.jpg

 いっしょに歩いた人たち 23名

 スタッフ 松本 普

2015年3月12(木) 大韓聖公会大田教区主教一行来訪

3月15日(木)

⦿昨日は、地元宿泊施設に一泊した九州教区一行7名は、この8日に建立除幕したばかりの<<埒浜地区慰霊碑>>を訪れ祈りを捧げ、巡礼の旅をつづけるべく、新地町を後にしました。

DSCF0974.jpg

⦿昨日、主座教会での<<震災4周年逝去者記念礼拝>>に韓国から参列されていた大韓聖公会大田教区主教ユ・ナクジュン主教一行4名が来訪。磯山の信徒信一さん、ミヨ子さんの証言を聴くとともに埒浜地区慰霊碑~大戸浜~ふじ幼稚園と4年前の出来事を心に刻む巡礼・視察を行いました。

DSCF0976.jpg

DSCF0981.jpg

⦿別れ際主教は地元信徒やスタッフを温かくそして力強く抱いて帰路につかれました。

 いっしょに歩いた人たち 31名

 スタッフ 松本 普

2015年3月11日(水) 4周年を覚え祈り・合掌、そして交流

3月11日(水)

⦿名古屋柳城短大(チーム・パティシエ)のパウンドケーキで水曜喫茶オープン。震災4周年の節目と重なったこともあり来訪者の皆さんと、<<合掌>>し美味しいコーヒーを。

DSCF0965.jpg

⦿仙台基督教会での<<4周年逝去者記念・聖餐式>>にセンターしんちから信一さん、ミヨ子さん、栄子さん、詳子さん、松本の5名が参列。イギリス、韓国、を含む内外からの参加者は113名を数えました。

DSCF0967.jpg


⦿独自に被災地巡りをされていた、九州教区一行7名来所。横浜教区からの1名と合わせ計8名を囲み、地元常連スタッフ6名の総勢14名で夕食を囲み懐かしく歓談交流のひと時を持ちました。

DSCF0970.jpg


 いっしょに歩いた人たち 147名

 スタッフ 松本 普
       高木 栄子

2015年3月10日(火) 沖縄・名古屋から巡礼者

3月10日(火)

⦿明日の<<震災犠牲者追悼4周年>>にあわせ東北入りした高良孝太郎司祭(沖縄教区)と田中詳子さん(中部教区)が来訪。磯山聖ヨハネ教会信徒の三宅信一さんの証言を含め、4年目の「現地・現場」を巡礼しました。

DSCF0939.jpg


⦿昼食は「ラーメン党」の高良司祭にあわせ、「小鉄」ラーメン店へ。我等5名が「入店するのを目にしたので」と「センターしんち」及び「小鉄」の地主さんの昌之さんが、「私がごちそうします!」と登場。美味しいラーメンをごちそう様でした。

 いっしょに歩いた人たち 19名

 スタッフ 松本 普

2015年3月9日(月) 高木栄子さん、2週間の長期ボランティアの滞在

3月9日(月)

⦿朝刊に昨日の<埒浜地区慰霊碑除幕式>の記事が写真入りで掲載。

⦿夕方、スタッフの松本、名古屋より戻り高木栄子さんから不在中の業務連絡・ブログ・会計など事務引き継ぎをしました。

 いっしょに歩いた人たち 9名

 スタッフ 松本 普
      高木 栄子
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。