スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年5月7日(木) 居宅訪問、ほっとします

5月7日(木)

午後、友子ママと高木は居宅訪問に出かけました。
久しぶりに訪ねてくださったご夫妻との話がはずみ、訪問時間は短くなりました。
それでも、4軒のお宅を訪問し、お話をすることができました。
昨日、水曜喫茶のお誘いをしに行った仁平さんは、痛かった足が治ったとのこと、
よかったです。
キヨさんは、お散歩からちょうど帰られたところに会えました。
としゆきさんは、いつものようにお元気で安心です。
幸子さんは、チャーミングな笑顔で迎えてくださいました。震災から4年経っても、
好きな歌を歌うことができない、亡くなったむすこのことを思うとと語られました。
笑っていると、「息子がなくなっているのに笑うなんて」と言われるとのことです。
何ともつらいことです。悲しみは持ち続けていても、どう表現するかは、個人
それぞれ違っていて当たり前のはず…。
実に痛ましいことです。

一人一人が大切にされる社会であってほしいと願います。

本日いっしょに歩いた人たち 51名

スタッフ 松本 普、高木 栄子
スポンサーサイト

2015年5月6日(水) 初体験、イチゴ採り!

5月6日(水)

朝、常連さん達とのコーヒー・歓談交流で、3年通い続けていた高木が、
広畑仮設住宅のビニールハウスのイチゴ採りをしていないことが判明。
それなら、今から行こうと急きょ決定。
昌之さん、和子ママ、淑子さん、高木の4人で出かけました。
イチゴのお世話をされているミヨチャン、荒さん姉妹に感謝のごあいさつ。
その後は、ご想像通りです。
店頭のイチゴと全然違いますね。素晴らしい体験でした!

5月6日1


センターしんちに戻る途中、新聞にも載っていた話題の藤を観賞。
まったく見事!としか言えません。

水曜喫茶のため、あわただしくセンター新地に戻り、準備。
引っ越しが間近のため、食器やアクセサリー、衣類などを並べ、みなさんに
自由にお持ち帰りしていただきました。
本日のケーキは、カトリック田園調布教会よりパウンドケーキです。
ありがとうございます。拠点が変わってもどうぞよろしくお願いいたします。

5月6日2

5月6日3

5月6日4


3日間のボランティア活動を終え、13:20発のバスで淑子さんは帰名。

現場所での「水曜喫茶」は、ラスト1回です。

本日いっしょに歩いた人たち 23名

スタッフ 高木 栄子

2015年5月5日(火) 今日も引き続き作業!

5月5日(火)

10時過ぎ、ミヨちゃんがセンターに来られ、その後和子ママも来所したため、
淑子さん、高木と4人女性でティータイム。楽しくおしゃべりができました。

それ以降、和子ママと淑子さんは、物置の中の整理。5月でセンターしんちは
ここでの活動を終了するため、引っ越し準備の片付けです。

あわただしい作業中も、外ではのんびりとニワトリ達が「我関せず!」。

本日いっしょに歩いた人たち 8名

スタッフ 高木 栄子

2015年5月4日(月) 片付け、事務仕事やっています

5月4日(月)

午前、午後も、ボランティアの淑子さんと高木は、それぞれワーク。
方や肉体活動…センターしんち移転準備の片付け。もう一方はデスクワーク、
会計処理やブログアップ、センターしんち閉所準備など。
結構、疲れました。

昼ごろ、淑子さんはニワトリさん達相手に昼食をあげて、慕われていました。

5月4日1

5月4日2


4時ころ浩介さんがパソコンを持ってきてくれました。すっかりよみがえった
パソコンを使えるようになりました。感謝!

夕方、友子ママがお刺身を差し入れてくれました。
淑子さん、高木は喜んでいただきました。

本日いっしょに歩いた人たち 8名

スタッフ 高木 栄子

2015年5月3日(日) 最後のヘアーカット ボランティア?

5月3日(月)

朝、裕一さんが「朝ご飯食べた?」と言いながら、タケノコご飯を持って来られた。
早速、川井さんと高木は喜んで食べました。おいしかった!
10:00~雁小屋仮設住宅にてヘアーカット。今日は2名でした。連休で、
子ども達の姿は全く見られません。家族で出かけているのでしょう。

敬子さんから「時間があるなら草取り手伝って」と言われ、6月からの活動拠点
となる部屋の外周りの草取りをしました。
すっかりキレイ!

5月3日


この3年間ヘアーカットボランティアで新地町に来ていた川井さんは、今回で
一区切りになるかもしれないとのことで、「長い間ありがとうございました。
お世話になりました」とのあいさつをして、新地町を後にしました。

本日いっしょに歩いた人たち 14名

スタッフ 高木 栄子

2015年5月2日(土) ヘアーカットサービス11名

5月2日(土)

昨晩センターしんちに到着した川井さんは、雁小屋仮設住宅にてヘアーカット
サービス。午前4名、午後3名。
午後4時近くからは、センター新地を会場に4名の方。広畑仮設からもお二人
来られました。
当初の予約は少なかったのですが、急激に暑くなったため、髪を切る方が
増えました。

5月2日1

5月2日2


本日いっしょに歩いた人たち 16名

スタッフ 高木 栄子

2015年5月1日(金) 苗プレゼント「いただきました!」

5月1日(金)

現在の場所での「センターしんち」の活動は5月までのため、園芸関係は
新たに花を植えたりはしていません。
ところが、買い物に出かけたら、「500円以上で苗プレゼント」ということで、
いただいてしまいました。

一輪咲いているプランターのスミレのとなりに植えました。「しまった! 同じ色、
オレンジ色のマリーゴールドにすればよかった…」と、欲深い高木でした。

5月1日1


夜9時ころ、ヘアーカットボランティアの川井さんが到着。と、30分以上過ぎた
ところで、裕一さんが「迎えに行ったのに、な~んだ、もう着いていたの」。
特に約束をしていなかったのですが、裕一さんの親切なひとこまでした。
夜遅く、ありがとうございます。

本日いっしょに歩いた人たち 7名

スタッフ 高木栄子

2015年4月29日(水) 飛び入り歌あり水曜喫茶、夜はおよばれ

4月29日(水)

9:00~和子ママ、松男さん、高木は朝の祈りとミーティング。

水曜喫茶のため、和子ママ、友子ママは二手に分かれお迎えに。
10:00~水曜喫茶。本日のお菓子は、東京聖マルチン教会よりダリオリショコラ、
沖縄教区よりクッキー。
どちらも美味しくいただきました。

4月29日1

4月29日2


所用のためセンターしんちを訪れた長谷川センター長は、いきなり「長崎の鐘」を
リクエストされ、それでも臆することなくのびのびと歌いました。

4月29日最後



夜、二三ちゃん、みっちゃんにお誘いを受け、みっちゃん宅でおよばれ。
4人で出かけたのですが、ちょうど来られたご近所のまんさんのお話が
あまりにもおかしく、笑い転げていました。
新地に対するイメージがまた広がりました。

みなさま、ありがとうございます。

本日いっしょに歩いた人たち 20名

スタッフ 高木 栄子

2015年4月28日(火) 差し入れ感謝!

4月28日(火)

朝、昌之さんがタラの芽・山ウド・タケノコ煮を持って来てくれました。

昼間は、ここのところパソコンの調子が悪くて、滞っているブログアップの
下準備。

午後、キイ子さんが手打ちそばとめんつゆを差し入れてくれました。
夕方、久しぶりの和哉さんがドーナツを持って来てくれ、夜、二三さんが
プリンを差し入れてくれました。

タラの芽などを天ぷらにし、そばをゆで、「さー美味しく食べよう」としたところに
何故か信幸さん来所。タケノコ煮もあわせていっしょに食べました。
おいしかったです!

本日いっしょに歩いた人たち 9名

スタッフ 高木 栄子

2015年4月27日(月) 本日からスタッフ短期交代

4月27日(月)

10:20新地町役場発バスにて、スタッフ松本普は名古屋に向け出発。
約10日間センター新地を留守にします。
その間は、昨日から新地入りした高木栄子がスタッフとしております。
おなじみの常連さん、地元ボランティアさんも次々来所され、ホッとします。

9羽になったニワトリさんも、プランターのチューリップも迎え入れてくれる
ようです。

4月27日

ゴールデンウイーク中よろしくお願いいたします。

本日いっしょに歩いた人たち 8名

スタッフ 高木 栄子

2015年4月25日(土)  これからの活動検討

4月25日(土)

ボランティアの医師和子さん来所。和子さんは、これからもっともっと
ボランティアに来たいという希望を持っています。
この秋には、2か所に集約される予定の仮設住宅ですが、その多くは
東京電力福島第1原発事故のため、避難生活を余儀なくされた方達です。
和子さん、これからもよろしく!!

PS.2日間行方不明となっていたニワトリ1羽は、風除室のすきまに入り込んで
  いたことが判明。無事無傷で救出されました。よかった! これでまた9羽
  になりました。

本日いっしょに歩いた人たち 39名

スタッフ 松本 普

2015年4月24日(金) 広畑茶話会大盛況!

4月24日(金)

午前、シスター真木は雁小屋仮設住宅にて健康体操。簡単な体操ですが、
普段あまり動かさない部分もほぐれ、気持ちがいいものです。

昨夏も学生達がボランティア活動に訪れた名古屋柳城短期大学の村田先生が
今年の打ち合わせに来られました。「ふじ幼稚園」、「雁小屋仮設住宅」に
今年も学生達が来てくれるようです。

午後、第41回「広畑茶話会」が開催され、全部で25名の参加がありました。
これで最後かもしれないということから大勢で、「ケーキが足りないかも」、
「お抹茶終了」との声も。
話し合いの結果、6月以降も会場を作田コミセンにして継続開催が決定。
仙台圏教会のみなさま、引き続きよろしくお願いいたします!

本日いっしょに歩いた人たち 45名

スタッフ 松本 普

2015年4月23日(木) 居宅訪問とスタッフミーティング

4月23日(木)

洋子さん、純子さん、友子ママは居宅訪問に。ここのところ少しお元気が
なかった守さんがハーモニカを演奏されたので、3人はビックリ、感激!
6軒のお宅におじゃましました。短いひと時ですが、安否確認もでき、
お話をお聴きすることができます。
仮設住宅のキヨさんも、近々自宅再建で入居とのこと。よかったですね。

4月23日1

4月23日2


スタッフ松本は、仙台で開催された「だいじに・東北」スタッフミーティングに
出席。今後の方針・活動計画についても話し合われました。

ボランティア、スタッフが出かけている間、留守番役の和子ママは、敷布団の
ほころびを縫ってくれました。

本日いっしょに歩いた人たち 36名

スタッフ 松本 普

2015年4月22日(水) 水曜喫茶、夕食歓談交流会

4月22日(水)

朝、二三さん、裕一さんがそれぞれフキを、信幸さんはネギとタケノコを持って
こられました。季節を感じさせる差し入れをありがとうございます!

水曜喫茶、本日のお菓子は聖マーガレット教会よりイースタークッキーと
芋きんとん。いつも素敵なお菓子を送ってくださり感謝です!

4月22日1

聖公会中部教区・東京教区のメンバーが巡礼の途中、センターしんちに
寄られました。愛知聖ルカ教会からもクッキーをいただきました。
冬の間お休みだった中部教区の巡礼は、春になり再開されました。
これからも、ひとりでも多くの方が来られたらいいですね。

4月22日2


夜は、おなじみ焼き鳥屋さんで、ボランティア、地元ボランティア、スタッフで
夕食歓談交流会。楽しいひと時を過ごすことができました。

本日いっしょに歩いた人たち 35名

スタッフ 松本 普

2015年4月21日(火) 仙台から通いでボランティア

4月21日(火)

ボランティアの洋子さんは、仙台に滞在しながらセンターしんちに来ます。
3日間、通いで活動参加。

午後は、4人で視察・巡礼。

4月21日1

4月21日2


今日は、二三さんから佃煮、洋子さんから柑橘類、友子ママからイチゴ、
信幸さんからニラというように、差し入れが相次ぎました。もちろんセンター
しんちで独り占めしません。常連さん、地元ボランティアさんの方たちに
提供いたします。
たくさんの差し入れ感謝!

本日いっしょに歩いた人たち 25名

スタッフ 松本 普
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。