スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年10月23日(金) 友ひとり遠方に帰り、またひとり遠方より来たる

10月23日(金)

・昨日、三宅友子さんと花奈さんの居宅訪問活動の報告漏れがありました。災害高齢者住宅をはじめ、3ヶ所の7名の方々と歓談・交流のひと時を持ちました。

高齢者住宅
災害高齢者住宅

・橋爪花奈さんは「卒論」のテーマに基づき4泊5日の「視察研修ボランティア活動」を終え、午後帰路につきました。報道・情報格差により、他県からでは把握することが出来なかった、4年7か月後の被災地・被災者の現状と課題を、新地町のがん小屋を通して学び、研修しました。「みなさん、本当に有難うございました。また来年も来たいです」と別れ際のメッセージ。

線路

住宅
復旧が進む常磐線と、解体を待つ震災当時のままの住宅

・花奈さんをバス停に送迎中、もう一人から「いま新地、これからがん小屋に行きたいんだけど~」と電話が入りました。震災の年の「緊急支援期」に共に一年間、仙台↔新地間を通いつづけた時の仲間でした。懐かしの歓談・交流となりました。

本日いっしょに歩いた人たち  15名

スタッフ 明城和子、松本普
スポンサーサイト

2015年10月22日(木) 視察巡礼と居宅訪問

10月22日(火)

・花奈さん視察研修パート④
午前中は昨日までのブログの更新と写真ファイリングなどのデスクワーク。11時から三宅友子さん、花奈さん、松本の3人で山元町のふじ幼稚園(旧)へ。先日民事裁判で「和解調停が確定」との報道があり、そのことも併せ記帳、合掌しました。移動中の車窓からは、山元町(宮城県)のJR常磐線~沿線商店街、住宅街、道路整備工事など、復旧・復興の様子が垣間見えました。

DSCF1841.jpg


・菅区プロジェクト事務局(郡山)経由でたくさんの押し花カードが届きました。メッセージには「奈良のサポーターさんから『水曜喫茶の利用者さんに』とお一人おひとりの名前が記されていました。
ありがとうございました。

DSCF1844.jpg


本日いっしょに歩いた人たち 15名

スタッフ 松本普

2015年10月21日(水) 水曜喫茶に秋の味覚が

10月21日(水)

・友子ママがお休みで今日の喫茶店は花奈さんが和子ママの笑顔の指示で大活躍。東京の八王子復活教会 小山田あつ美さんのケーキで美味しいコーヒータイムとなりました。
マロンケーキは秋の風情たっぷりの和菓子風味。
DSCF1835.jpg


・午後の来訪利用者さんの中にはサツマイモの大学煮、いちじくの煮物、ブリの刺身・・・とこれまた秋の味覚を「どうぞ~~!」と差し入れがありました。

花奈さん「視察研修パート③」はいかがでしたか?そうそう、P・Pバンドの創作プログラムもありました。

DSCF1838.jpg

本日いっしょに歩いた人たち 21名

スタッフ 松本普

2015年10月20日(火) 卒論視察研修パート①

10月20日(火)

・花奈さんの視察研修に雁小屋仮設入居者のいずみちゃん(浪江)と敬子さん(南相馬)も同行し、4人で新地町の沿岸部を南から北進。浜街道や常磐線の復旧・復興状況を視察。大戸浜の高台に立ち跡形もなくなった状況説明も聞きました。

DSCF1812.jpg

DSCF1823.jpg

・午後は2011年の「被災年」から継続している仙台圏教会(東北地区)のみなさまによる「広畑茶話会」を作田地区のコミュニティセンターで開催、花奈さんと「視察研修パート②」として参加しました。

ケーキ、コーヒー(抹茶)セットに舌つづみのあとみんなで歌って、健康体操をやって、楽しいひと時でした。懐かしの「ミニバザー」もありました。

DSCF1833.jpg

DSCF1831.jpg


・センターに戻り、夕刻、花奈さんはブログの更新アップ。

本日いっしょに歩いた人たち 31名

スタッフ 松本普

2015年10月19日(月) オープンスペースのセンター

10月19日(月)

・午前中センター南側の縁側越しに仮設入居者の常連さんや、ヤクルトレディのK子さん、居宅訪問中の社協のI子さん、W子さんがしばし足を止め、歓談交流のひと時を。

・夕刻「卒論の視察研修に被災地を」と名古屋から大学生の橋爪花奈さんが2度目の来訪。

本日いっしょに歩いた人たち 11名

スタッフ 松本普

2015年10月18日(日) 祈りと味覚・「収穫」感謝

10月18日(日)

・今朝は主日、来訪中のボランティアさんと3人で朝の礼拝をしました。ことに逝去後5週を経た中部教区野村潔司祭と、昨日の朝「緊急入院」との連絡があった水曜喫茶の常連さんのことを覚え祈りました。

・夕刻、仙台経由で各々帰郷しましたおふたりのボランティアさん、指圧マッサージ(2日目)とブログアップなどセンター活動業務ありがとうございました。
DSCF1810.jpg

・そんな日曜日のひと時、次々と来訪された地元のみなさんは、口々に「センターさん、どうぞみんなで食べて~~!」と秋の味覚をどっさり持参、届けて下さいました。シラス、サケ、ブリの刺身、サツマイモ、お米、ニンニク、いちじく、リンゴ・・・海の幸や陸の幸に感謝いっぱいです。ありがとうございました。
DSCF1839.jpg

本日いっしょに歩いた人たち 23名

スタッフ 松本普

2015年10月17日(土)  指圧マッサージと子どもプログラム

10月17日(土)

・本日は指圧マッサージ。自宅再建で仮設を出られた方も片付けがひと段落してマッサージを受けたいと戻ってきました。「新しい家は、どうだい?」マッサージの前後には、話に花が咲く指圧マッサージでした。弘前からボランティアで奉仕して下さる飯村裕子さんありがとうございます。

・学校が休みの土曜日。子どもたちのにぎやかな声。「もじゃもじゃマッちゃん、遊ぼう~」その声につられ、トランプ、手品、かくれんぼなど、楽しい時を過ごしました。

DSCF1807.jpg

本日いっしょにあるいた人たち  33名

スタッフ  松本普

2015年10月16日(金)  居宅訪問

10月16日(金)

・午後から居宅訪問。
3カ所を回ります。「お元気でしたか?」と声をかけると、「はい。」はたまた「いや~。神経痛が痛くてあるがんに。」の答えも。震災当日の話に花が咲くこともあります。やっと、本音でお話しいただけるようになってきました。「来月もお顔みにきてもいいですか?」「いや~。まってるよ~。こっちこそ来てけらっちありがたいとおもってんだよ~。」そんな会話をしながらの居宅訪問です。

・夕方の雁小屋は子供たちが元気に遊んでいます。何か面白いことはないかと、センターに顔を出す子供もいます。元気な子どもたちの声が響く雁小屋仮設の夕方です。

本日いっしょに歩いた人たち  32名

スタッフ  松本普 秦純子

2015年10月15日(木)  イベント参加と管区プロジェクト一行来所

10月15日(木)

・集会所では福島友の会と神戸友の会に方々による刺し子と電子レンジを使った料理の講習会が開かれ、センターからは秦が参加。電子レンジを使って作るおこわはとても簡単。「100円均一の店で売っているラーメンを作る器がとても使いやすい。」と主婦ならではの情報も。センタースタッフさんにもどうぞと1パック。美味しいおこわでした。

・午後からは管区プロジェクト委員とスタッフ5名が来所。センターの現状と仮設の住人の証言に傾聴。被災地と被災者の現状と課題を共有しました。

DSCF1800.jpg


本日いっしょに歩いた人たち  27名

スタッフ  松本普 秦純子

2015年10月14日(水)  水曜喫茶

10月14日(水)

・本日は名古屋柳城短大チームパティシエのお菓子と高橋夫妻からの長崎カステラです。水曜喫茶の参加者には顔なじみの「いっしょに中部」一行4名が来所。楽しい歓談交流の時間を過ごしました。

DSCF1796.jpg

DSCF1797.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  34名

スタッフ  松本普

2015年10月13日(火)  デスクワーク 

10月13日(火)

・Dr北川は8時のバスで次の活動場所となっている南相馬市へ発ちました。

・松本は、病院への送迎。ここ雁小屋では車は必需品。買い物へ行くにも、病院へ行くにも車がないと何かと不便な場所です。町には「しんちゃん号」というタクシーがありますが。
センターでは仮設住宅住民の足になろう送迎も開所以来続けています。。

本日いっしょに歩いた人たち  36名

スタッフ  松本普

2015年10月12日(月)  Dr北川来所

10月12日(月)

・Dr北川来所。常磐線~大戸浜を視察。

・Dr北川が来るのを待ちわびていた裕一さんが来所。健康管理について意見交換をした。
センターには2人の医師が月1回づつ来て来所者の健康相談にのっている。

本日いっしょに歩いた人たち  22名

スタッフ  松本普

2015年10月11日(日)  4年7か月の月命日

10月11日(日)

・あれから4年7カ月が過ぎました。本日は月命日。ふじ幼稚園~磯山~大戸浜と巡礼しました。

・センターでは後藤さんの指圧マッサージ。日帰りでのボランティアでした。
 いつもありがとうございます。

DSCF1790.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  松本普

2015年10月10日(土)  磯山聖ヨハネ教会ミサと愛餐会       

 10月10日(土)

・今日は、月1回の磯山聖ヨハネ教会のミサ・愛餐会。研さんスタジオの仮礼拝所でミサが、センターで愛餐会が行われた。

・オルガンを弾いてくださる鈴木さんは、東京から始発の新幹線に乗ってきてくださっています。感謝。

本日いっしょに歩いた人たち  11名

スタッフ  松本普

続きを読む»

2015年10月9日(木)  西出百合香一座石巻へ

10月9日(木)

・昨日の新地町がん小屋ライブに参加したいわき市の方が「今度いわきにも来てやってよ」と猛アピール。

・ライブで皆さんに元気と感動を与えてくれた西出百合香一座は、石巻からの迎えの車で、一路石巻へ。
ありがとう。次回のライブを楽しみに待っています。

・東京の鄭さんよりキムチ、春日井の中村さんよりコーヒー豆が届きました。このお二人は定期的に継続支援を通し協働して下さっています。ありがとうございます。

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  松本普

2015年10月8日(木)  民謡・三味線ライブ

10月8日(木)

・本日は民謡・三味線ライブ。
西出百合香一座は昨日箱塚桜仮設でのライブを終えてセンターしんちへ移動。
10時より集会所でライブ開始。21名の方と共に楽しい時間を過ごしました。

・イギリスから視察巡礼で来訪中のジョンソン夫妻も百合香さんトークに乗って、「友情出演」。会場は大いに盛り上がり。

DSCF1765.jpg

DSCF1775.jpg

・午後は南相馬のカリタス原町へ。ログハウスと原町ベースの2カ所でオン・ステージ。

・民謡三味線の百合香さん、パーカッション・タブラ奏者の「サット」さん、おてもやん踊の「裕子」さん。感動の「ほっとタイムをありがとう。」

DSCF1777.jpg

DSCF1789.jpg

・吉川さんは、長期のボランティアを終え名古屋へ。ありがとうございました。

本日いっしょに歩いた人たち  49名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2015年10月7日(水)  水曜喫茶とスペシャル創作タイム  番外編つき

10月7日(水)

・今日の水曜喫茶は、田園調布カトリック教会からのケーキ。参加者へのお持ち帰りお土産も盛りだくさん。午後は、ジョンソン夫妻のスペシャル創作タイム。午前と午後を合わせて今日の水曜喫茶は総勢21名で楽しい時間を過ごしました。
和子ママ、友子ママ、マッちゃん、送迎ボランティア毎度ありがとう。

DSCF1755.jpg

DSCF1757.jpg

DSCF1760.jpg

番外編

センタースタッフの松本は、名取市閖上でライブを終え、疲れと汗を流すべく民謡三味線・百合香一座一行3名を相馬市松川浦の温泉保養所「栄荘」へ案内。「いや~、気持ちよかった~。疲れが取れた~。」と4名が休憩所に戻るや、何やらそこは夕食歓談交流の会場と化し、ジョンソン夫妻・水曜喫茶ママたち、センターボランティアの面々が居り、なんと中央にはかの森和哉さんが「新妻」悦子さんと着座しているではないか。
「いや~嬉しく目出たい ひと時」でした。

本日いっしょに歩いた人たち  51名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2015年10月6日(火) ジョンソン夫妻来所

10月6日(火)

・友紀ジョンソン&ディック夫妻がイギリスより来訪。箱塚桜仮設の入居者大友美代さん手作りご飯プレゼント持参で渡部さんと共に来所。歓談の後大戸浜~磯山の視察巡礼。ごちそうさまさまでした。

vcm_s_kf_repr_832x624 (5)

いっしょに歩いた人たち  16名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2015年10月5日(月)  北関東教区視察巡礼

10月5日(月)

・10時のバスで松本は名古屋より戻り、今日の視察巡礼に備えて集会所でセッティング。
 昼過ぎ北関東教区一行7名来所。集会室でのレクチャー・傾聴の後視察巡礼。
 大戸浜~作田東(吉村夫妻)~磯山~ふじ幼稚園と巡礼。

vcm_s_kf_repr_832x624 (4)


いっしょに歩いた人たち  15名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2015年10月4日(月) 教会復興プロジェクト委員会開催

10月4日(月)

・磯山聖ヨハネ教会復興プロジェクト委員会が夕方開催された。
夕方仕事を終えてから将来の教会について長時間話し合いがされた。

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  吉川千恵子 松本普
       
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。