スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年11月22日(日)  休みでもオープン

11月22日(日)

・一応日曜日なのでセンター活動はお休み。

・でも「センターしんち・がん小屋」は別称「オープン・スペース」なので常連さんは来所。4名の来所、コーヒータイムで歓談。

本日いっしょに歩いたいた人たち  14名

スタッフ  松本普  秦純子
スポンサーサイト

2015年11月21日(土)  本日外回り業務

11月21日(土)

・表向き「センター休日」の日ですが、秦の来るのを待っていてくださる在宅新地町住民も。宮城の名取~亘理~ふじ幼稚園巡礼~相馬間で日曜事務用品購入と居宅訪問。ドライブ大好きの松男さんも同行。3人の「弥次喜多道中」でした。

本日いっしょに歩いた人たち  19名

スタッフ  松本普

2015年11月20日(金)  5ヶ月振りのふる里車窓

11月20日(金)

・5人の旅人とセンター号で福島へ。少々季節外れ(遅れ?)の紅葉を観ながら国道115号線を弥次喜多道中。途中、川沿いをジグザグする通称<霊山(りょうぜん)>ルート。4年8か月もの永きに亘り仮設住宅で避難生活を余儀なくされている旅人を癒す自然界の大いなるちからに感服。

・センターに戻り留守ボラで昨日に続きデスクワークの秦と<お土産つきコーヒータイム>

DSCF1913.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  18名

スタッフ  松本普・秦純子


2015年11月19日(木)  居宅訪問とデスクワーク

11月19日(木)

・居宅訪問とデスクワークなどのセンター活動を月1ペースでサポートして下さるボランティアスタッフの秦さんが到着早々センター事務机に向い、パソコン操作に打ち込む様子を見て「マッちゃん、人使いが荒いんだから。いっしょに休息してからにしたら」とコメント。結局、「諸般の事情」でデスクワークは続行しました。

・午後は三宅友子さんがガイド送迎で9名の在宅高齢・独居者の方々を訪ね、歓談交流のひと時を持ちました。

・夕刻・地鳴りとともにガタガタ震度3~4の地震。4年8か月前の大地震の余震(影響)が続いていることを改めて自覚。

本日いっしょに歩いた人たち  25名

スタッフ  松本普・秦純子

2015年11月18日(水)  八王子復活教会ケーキで水曜喫茶

11月18日(水)

・好評・恒例の水曜喫茶。今日は「いっしょに歩こう!中部」一行3名が視察巡礼途中に合流。美しく楽しい賑やかなひと時でした。

・4年8か月を経た新地町の新たな復興の現状と、困難な課題などの情報交換もありました。

DSCF1910.jpg

・「いっしょに歩こう!中部」さんからお菓子の差し入れがありました。

本日いっしょに歩いた人たち  21名

スタッフ  松本普

2015年11月17日(火)  郡山でスタッフ・ミーティング

11月17日(火)

・管区(日本聖公会)プロジェクトのスタッフ・ミーティングが事務局のある郡山で開かれました。いわき・新地など現場スタッフも出席して活動の予定など被災他・被災者が置かれている現状」と課題について協議・分かち合いが行われました。

本日いっしょに歩いた人たち  10名

スタッフ  松本普

2015年11月16日(月)   教会復興プロジェクトクト委員会開催

11月16日(月)

・常連さん来訪。コーヒー歓談。定員12名のところ13名立候補。12名が「当選」するというより1名が「落選」するという空気感が漂う違った意味で緊張感のある町議選でした。センターしんちの、当地での活動に多大な尽力・貢献を惜しまなかったN議員さんも上位当選でした。

・夕刻、センターで標記プロジェクト委員会あり。磯山聖ヨハネ教会再建・復興に向けみなさん遅くまで熱心な祈りと協議の時をもちました。

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  松本普

2015年11月14日(土)  4年8か月を経た東日本大震災を覚えてミサを

11月14日(土)

・長谷川司祭司式、オーガニスト牛島和美さん、サーバー千葉ポー炉さん、聖書朗読三宅信一さん、三宅行さんで聖餐式が執り行われました。荒ミヨ子さんは永きに亘る避難生活に終止符を打ち広畑仮設から集団移転先の作田東地区に転居のため欠席。和美さんのソプラノ唱和による聖歌はひときわ美しくウットリ状態の礼拝となりました。

DSCF1905.jpg

 牛島・君原両氏は午後の仙台空港発の飛行機で一路九州へ。

本日いっしょに歩いた人たち  14名

スタッフ  松本普

2015年11月13日(金)  新地町議会議員選挙たけなわ

11月13日(金)

・常連さん来所。コーヒー歓談。15日(日)投票日の新地町議選がいよいよ大づめとあって、数名の候補者が運動員と共に、ここ雁小屋仮設にも。

・先日来所された牛島・君原両氏は他の被災地巡りを終え、再度新地入り。明日仮礼拝所・研さんスタジオでの磯山聖ヨハネ教会ミサ参列のためとの由。

本日いっしょに歩いた人たち  11名

スタッフ  松本普

2015年11月12日(木)  進む自宅再建~転宅

11月12日(木) 

・常連さんたちとセンターでコーヒー歓談。自宅再建されたWさん方の仮設居室の片付けで、リサイクルで役立つ物資を幾つもいただきました。「新しいところに持って行けず、処分しようとしていたので、こっちが助かる」とWさんのコメントでした。

本日いっしょに歩いた人たち  10名

スタッフ  松本普

2015年11月11日(水)  4年8か月・月命日の水曜喫茶

11月11日(水)

4年8ヶ月前の出来事に思いを馳せつつ「本日の水曜喫茶始めます。」と和子ママの挨拶。前日からの参加者(北海道・九州)に加え、今日は清瀬(東京)からの視察巡礼団一行も合流参加。

・被害状況は11月現在で原発避難者が県内6万1161人、県外4万4094人の全国総計10万5255人。

・福島県内死者の内訳では「直接死」1,604人、「関連死」1,984人、「死亡届等」224人の総計3812人となっており、「関連死」が「直接死」を上回っていることが、「原発被災者」の過酷な実態を示している。

・追悼と奪われた故郷を忍ぶように牛島和子さんがしみじみと抒情歌を唄ってくださいました。

本日いっしょに歩いた人たち  40名

スタッフ  松本普
DSCF1890.jpg

DSCF1893.jpg

2015年11月10日(火)  北海道と九州から来訪中の仲間と

11月10日(火)

・月1回のペースで南相馬~相馬~新地とメンタルケアサポートを続けている北川恵以子医師と年1~2回のペースでいわき~郡山~福島~新地~石巻などでミニコンサート(歌唱)サポートを続けている牛島和美さん一行がちょうど新地で合流。水曜喫茶の2人のママたちも合流。楽しく賑やかで美味しい宴のひと時でした。

本日いっしょに歩いた人たち  17名

スタッフ  松本普

2015年11月9日(月)  仮設住宅の集約化始まる

11月9日(月) 

・復興支援の一環として、入居率の下がった6カ所の仮設住宅の入居者が入居率の高い2カ所(雁小屋・小川北)へ転居。防犯・孤立化防止等の理由も述べられているが仮設から仮設への転居(引越し)も大変ご苦労なことと思う。
 自宅再建・仮設退去が続いていた雁小屋仮設も今日までにあらたに10世帯を超える被災者が転居してきました。集会室などでの豊かな歓談交流ができるとよいのですが…。

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  松本普

2015年11月8日(日)  親しき常連さん入院す

11月8日(日)

・仙台にある入院先の病院からわざわざ「12月中旬まで入院治療のためしばらくこられません。」と挨拶に来所されたSさん夫妻。

・手術が無事に終え、1日も早いご回復を祈ります

本日いっしょに歩いた人たち  3名

スタッフ 松本普 

2015年11月7日(土) 三宅家・中曽家墓地聖別納骨

11月7日(土)

・あれから4年8か月の歳月を数えようとしている本日、身内三名の尊い犠牲を目の当たりにされておられた三宅家・中曽家の標記<墓地聖別納骨式>が長谷川司祭司式の下執り行われました。磯山聖ヨハネ教会・ふじ幼稚園・センターしんち関係者も参列。

DSCF1880.jpg

DSCF1886.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  26名

スタッフ 松本普  

2015年11月6日(金) ボランティアスタッフ移動日

11月6日(金) 

・松本が名古屋より、吉川さんが名古屋へ。各々移動。
 吉川さん、 センターのオープンスペースの居場所維持サポートありがとうございました。

本日いっしょに歩いた人たち  21名

スタッフ 吉川千恵子 松本普

2015年11月5日(木)  居宅訪問とセンター号帰還

11月5日(木)

・午前中三宅友子さん、吉川コンビで居宅訪問。来訪を楽しみに待っている高齢者の皆さん。
本日いっしょに歩いた人たち  9名

スタッフ 吉川千恵子 松本普

2015年11月4日(水)  水曜喫茶でほっとコーナー

11月4日(水)

・和子ママ、友子ママコンビの楽しみ水曜喫茶。お二人は車送迎もやります。昨日届けられた田園調布カトリック教会提供のケーキでのほっとコーナーでした。勿論いつもの皆で歌って楽しいひと時でした。

DSCF1870.jpg


・多様な歓談交流の居場所があることは大切です。

本日いっしょに歩いた人たち  18名

スタッフ 吉川千恵子 松本普

2015年11月3日(火)   名古屋YWCA久しぶりの訪問

11月3日(火)   

・常連来所者と歓談交流。明日の水曜喫茶用ケーキが田園調布カトリック教会より届く。

・夕方、新地町教育委員会と連携し3ヶ所の小学校と「しんちハートプロジェクト」で交流を続けている名古屋YWCA一行4名が来訪。懐かしい交流でした。

本日いっしょに歩いた人たち  8名

スタッフ 吉川千恵子 松本普
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。