スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年4月18日(月) 重たい手土産の居宅訪問と監督来所

4月18日(月)

・午前中は、居宅訪問の友子さん秦さんコンビの居宅訪問者を首を長くして待っていてくださる高齢者世帯。旧磯山~埒浜地区住民の皆さんだからこそ、磯山出身の友子さんだからなのかもしれません。センターしんちから「支援物資」の缶詰、ドレッシング、お菓子が手土産でした。

DSCF2328.jpg

・山田徹さんがセンター訪問。「新地町の漁師たち」を監督、プロデュースしたドキュメント映画を製作した若手の監督でした。

本日いっしょに歩いた人たち  15名

スタッフ  松本普 秦純子
スポンサーサイト

2016年4月17日(日) 主日の祈り・指圧マッサージと上映会と交流会

4月17日(日)

・今日は、5つのプログラムが同時進行。①日曜(主日)でボランティアスタッフ3人で「朝の祈り」をささげた。②午前9時から指圧マッサージ予約の利用客さん来所。③仮設入居者を含め3人で農協改善センターへ「新地町の漁師たち」のドキュメント映画鑑賞。④作田西の集団移転先「離れ集会室」で悦ちゃん和哉君コンビの「タコパ」に参加。アッチッチ~。美味しかった~。持ち帰りのお土産を飯村裕子さんに。⑤仮設入居者Yさんが仲介世話人になって「さくら架け橋の会」グループと交流をしました。

DSCF2320.jpg

DSCF2324.jpg

DSCF2322.jpg


本日いっしょに歩いた人たち  143名

スタッフ  松本普 秦純子

2016年4月16日(土) つづく、余震。今日が本震と報道

4月16日(土)

・今日も余震が続く中、未明にM7強の地震発生。ニュースでは今日のこれが「本震」とのこと。センターしんちよりお見舞いと安否の電話を入れました。

・そんな中、弘前より飯村裕子さんが来訪。2日に亘り指圧マッサージによる「ほっとコーナー」がセンターしんち・がん小屋を会場に行われました。本日7名の方々が「ほっと」しました。

DSCF2325.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  28名

スタッフ  松本普 秦純子

2016年4月15日(金) 常磐線ストップ、熊本、大分で地震

4月15日(金)

・午前中新地到着予定の秦さんから緊急メール。「強風のため常磐線が名取駅で停車したまま。強風のためだそうです。仙台に戻り、高速バスで新地に向かいます。」との由。午後、無事到着。

・夕食を済ませB4-2室に移り、デスクワークの続きをする。B4-1室では秦さんデスクワークに没頭。(ブログ、パソコン、新聞切抜き)

・14日に起こった熊本・大分地震は、昨夜の時点で「震度7」死者9名を出し、その後余震が頻繁に続けてある。避難者数約10万超と報道。

本日いっしょに歩いた人たち  10名

スタッフ  松本普

2016年4月14日(木) 春です。種まきました。

4月14日(木)

・昨年プランター付きで太一さんから寄付していただいたマリ-ゴールドは秋の終わりに種を採って来年春用に大事に保管していたところ、太一さんから「あの種まいた?」と訓告あり。すっかり忘れており、太一さんのコーチで4つのプランターに種まきをしました。
DSCF2332.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  3名

スタッフ  松本普

2016年4月13日(水) 花粉症でダウンの人々多く

4月13日(水)

・杉林を切り開いてど真ん中に設置された雁小屋仮設住宅。
花粉症の人々、ことにスギ花粉症の人にとっては「避難所」どころか「発症確実地帯」の様相。常連のY子さんが約1ヶ月と久し振りに来所。「お菓子の差し入れ~」と帽子・マスクの重装備であいさつ。「コーヒー歓談タイムは未だ不安。」と差し入れだけでご自宅へ。お大事に。

・<水曜喫茶>主催代行だった「花見」のため、本日の<水曜喫茶>は代休

本日いっしょに歩いた人たち  5名

スタッフ  松本普

2016年4月12日(火) タイヤ交換とTV交換

4月12日(火)

・昨年12月着用していたスタッドレス冬用タイヤを「もういいでしょう」ということで、交換しました。引取には裕一さんが、返車には連れ合いの良子さんがセンターしんち号に乗って交換して下さいました。同時間帯(午前中)にセンターB-1室とB-2室のテレビを交換しました。Tさんの友人(元雁小屋入所者で浪江町出身)がアンテナ、配線を手際よく完了。共に作業後はパウンドケーキ付コーヒータイムに歓談の花が咲きました。

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  松本普

2016年4月11日(月) 静かな月命日

4月11日(月) 

・今日は、あの日から5年と1ヵ月の月命日。恒例の巡礼をダブルMで行い、黙想と祈りを捧げました。

本日いっしょに歩いた人たち  10名

スタッフ  松本普

2016年4月10日(日) さむ~っ!! でもお花見盛況

4月10日(日)

・朝石巻へ向かう民謡三味線の<西出百合香一座>を見送った後は本日の花見の準備で大忙し。シートは?飲み物は?各自弁当は?送迎は?座布団は?「満開で日曜日が重なったから早く行かないと場所がなくなるよ~」…一路会場の右近清水公園へ。人工湖を囲むように満開の桜回廊に差し掛かると、<ワアー!!スゴイ!!キレイ!!>と悲鳴に近い絶叫。皆さんの持ち寄りと併せ入れ代わり立ち代わりの参加者は総勢30名にのぼりました。
でも、寒の戻りのせいもあって、ちと寒かったのでビールが余り気味。

DSCF2317.jpg

DSCF2293.jpg

DSCF2304.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  31名

スタッフ  松本普

206年4月9日(土) 3か所3ステージでミニライブ

4月9日(土)

・名古屋中部圏、時にはアジアでも活躍中のお馴染みの「民謡三味線ライブ」が作田コミュニティーセンター(新地町)ログハウス、原町ベース(いずれも南相馬市)の3か所で入場者計90名の大拍手と歓喜、踊りを伴ってミニライブが開催されました。

DSCF2270.jpg

DSCF2283.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  98名

スタッフ  松本普

2016年4月8日(金) 散髪カット、そして「友、遠方より来る」

4月8日(金) 

・常連さん達とのコーヒータイム歓談交流。
夕刻、常連さんのうちの一人Sさんの散髪カット実施。

・夕刻、閖上・箱塚桜仮設住宅でのワンステージを終えた「西出百合香一座」3名がシェアカーでセンター入り。明日の<新地~南相馬での3ステージ>のために㐂久にて交流会。

本日いっしょに歩いた人たち  15名

スタッフ  松本普

2016年4月6日(水) 桜が満開、花見シーズンだ

4月6日(水)

・水曜喫茶の水は<名水百選>の「右近清水」からの地下水を利用しています。途中に「桜の回廊」と呼ばれる桜並木を通るので、それはそれは~。満開で絶句。
 日曜日のセンターの花見までもつかな~。

・サポーターのカトリック田園調布教会<支援プロジェクト>の皆さん、沖縄教区からの沖縄菓子類、柴本司教(九州教区)からの差し入れのお菓子ありがとうございました。食べきれず「手土産」としてお持ち帰りプレゼントになりました。

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2016年4月4日(月) 居宅訪問

4月4日(月)

・午前中は常連さん達とのコーヒータイム。午後に、友子さん来所。今日は居宅訪問デー。災害高齢者住宅~集団移転先(作田西、作田東)に10名の方々を訪ねてきました。

(4/5(火)は休館です。)

本日いっしょに歩いた人たち  14名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2016年4月2日(土) 休館日もオープンスペース

4月2日(土)

・4名の常連さん時間差来所。各自「マイカップ」が食器棚にはあるので<勝手知ったる○○>で自由にコーヒータイムをやっていました。

本日いっしょに歩いた人たち  5名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2016年4月1日(金) 3名の常連さんと静かなコーヒータイム

4月1日(金)

・この日は、常連さんが時間差で3名来所。花粉症にやられている人が相当いるようで、オープンスペースのセンターも静かな1日でした。

本日いっしょに歩いた人たち  4名

スタッフ  吉川千恵子 松本普

2016年3月31日(木)  スタッフ移動日//業務引継ぎ

3月31日(木)

・昨日夕刻新地入りした吉川千恵子さん。常連さんたちとのコーヒータイム(歓談交流)のあと、この日名古屋戻りの松本を新地役場前バス停に送迎。
杉林のど真ん中に建つがん小屋仮設では「花粉症」にやられている常連さん達も。お大事に。

本日いっしょに歩いた人たち  7名

スタッフ 吉川千恵子 松本普

2016年3月30日(水)  健康体操と水曜喫茶

3月30日(水)

・東京から深夜バスで早朝仙台入りした健康体操指導員の高橋弘子さんが、午前7:33着高速バスで新地役場前に到着。お疲れにもかかわらず、今日の水曜喫茶の準備セッティングから参加してくださいました。ありがとう。お疲れのところ~!!

・16名の皆さんと、サポーター聖マルチン教会(東京)、沖縄教区からのお茶うけで水曜喫茶のほっとタイムを満喫。もちろん高橋弘子三の健康体操つきで。

DSCF2254.jpg

DSCF2252.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  19名

スタッフ  松本普

2016年3月29日(火)  晴日ヶ丘高校一行45名大挙新地来訪

3月29日(火) 

・A子さんが中学生の時に、父親とボランティア活動に参加したことが、きかっけでこの企画が実現しました。その後A子さんは晴日ヶ丘高校(愛知県)に入学し、以前から「東日本大震災の被災地支援」をつづけていたボランティアサークルに入部し、この春休みに新地町を来訪することになったそうです。

・視察・巡礼は高校からのチャーター大型バスの移動で、ガイド役を引き受けた松本が乗り込み、ポイントポイントを案内しいつものように「現状と課題」を分かち合いました。

DSCF2250.jpg

・会場は沿岸部の他に勤労青少年センターに移動し5グループ分断別、証言傾聴と福田学童クラブの子どもたちとの交流が元気に行われました。

本日いっしょに歩いた人たち  69名

スタッフ  松本普

2016年3月28日(月) 作田コミュニティーセンターで茶話会

3月28日(月)

・仙台圏の教会グループのボランティア活動としてつづく「広畑茶話会」が2カ所に集団移転を余儀なくされた場所のちょうど中間にある作田(地区)コミュニティーセンターで開催。健康体操、アカペラ合唱付きの歓談交流会で仙台のケーキを美味しくいただきました。

DSCF2247.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  38名

スタッフ  松本普

2016年3月25日(金)~27日(日)  松本出張講話で「上野原市」へ

3月25日(金)~27日(日)

・土日の休館日を活用して、山梨県の上野原市へ出張。第3水曜喫茶のサポーターA子さんが準備した「あれから5年 いま被災地では―新地町からの報告ー」の活動報告会が開催され、現状と課題を分かち合ってきました。

・「センター号留守中借して下さい。」との由、復興支援員のH氏がセンター号のキー受け渡しの労を執ってくれました。

本日いっしょに歩いた人たち  6名

スタッフ  松本普
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。