スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年6月24日(金)  いちご狩りと広畑茶話会

6月24日(金)

・新地自動車会長さんの親類が経営するいちご農園で「苺好きなだけ取りに来るか~?」と会長さんのお誘いに「行く、行く~」と即答。大ザル3杯分のいちご狩りをしてきました。センターに戻り、常連さんたちにお裾分け。残りでイチゴジャムを作ります。
DSC_0106.jpg

・午後は、仙台圏教会婦人会と「埒浜だいこんの会」協働企画の<広畑茶話会>に参加。今日はマグネットメモ留め手芸工作・ミニバザーと盛りだくさんのメニューでの歓談交流でした。

DSCF2532.jpg

DSCF2535.jpg

DSCF2544.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  42名

スタッフ  松本普 秦純子
スポンサーサイト

21016年6月23日(木)  秦さん来所。早速居宅訪問に

6月23日(木)

・常連さん2人が来所。コーヒータイムで歓談。9:30新地役場前着のJR代行バスで秦さんが新地入り。「留守番してるから秦さん送迎行ってきて。」とお二人の申し出に甘え、センター号でバス停に。

・お昼過ぎには、民生委員でもある三宅友子さんが来所。早速秦さん同行で居宅訪問に。今日は3か所6名の方々をお訪ねし、ゆっくりと歓談交流の時をもちました。

本日いっしょに歩いた人たち  12名

スタッフ  松本普 秦純子

2016年6月22日(水)  聖マーガレット教会の寄り添い方

6月22日(水)

・第4水曜日の水曜喫茶サポーターは、聖マーガレット教会が担当。震災直後から多くの教会員が支援活動に参画し、5年3ヵ月を経た現在も継続した取り組みを行っています。ミニコンサートや講演会、支援グッズ買取などなど。
今日の水曜喫茶へのメッセージには「…今回はリンゴのカップケーキをお届けいたします。…私たちの教会で<新地町の漁師たち>を上映することになりました。一人でも多くの方に来て頂き、良い時を持てたらと思っています。」と記されていました。多謝!

DSCF2523.jpg

DSCF2525.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  13名

スタッフ  松本普

2016年6月21日(火)  九州地震と九州豪雨が気掛かり

6月21日(火)

・ここしばらく梅雨空におおわれ、ぐずついた天候が続いている。一方九州地方では先の熊本大地震と余震が続く中、追い打ちをかけるような豪雨に見舞われ、危険だった地盤が崩れあちこちで二次被害が出ている。心よりお見舞い申し上げます。

・明日の水曜喫茶用のため名水百選の<右近清水>で水汲み。

本日いっしょに歩いた人たち  8名

スタッフ  松本普

2016年6月20日(月)  2つのプロジェクト・ミーティング

6月20日(月)

・午前中は管区の「原発問題特別プロジェクト」スタッフミーティング。今後に向けた現状と課題について「センターしんち・がん小屋」の現場からの報告と意見を。

・午後(夕刻)からは、東北教区の「教会再建・復興プロジェクト」委員会。今後に向けた現状と課題について6名の委員がセンターしんち・がん小屋を会場に熱心な祈りと協議が行われました。

本日いっしょに歩いた人たち  10名

スタッフ  松本普

2016年6月19日(月)  センター号で郡山へ一人旅

6月19日(月) 

・午前中は常連さんが来所。コーヒータイムで歓談、室内デスクワーク。

・午後2:00に郡山に向けセンター号で出発。明日午前中の管区プロジェクト臨時スタッフミーティングに出席のため郡山に前泊。

本日いっしょに歩いた人たち  4名

スタッフ  松本普

2016年6月18日(土)  8人で仙台西の平へ

6月18日(土)

・仙台圏の教会婦人会 のみなさんが企画準備された「あれから5年3ヵ月目の支援活動・新地町の現状と課題」の集いが仙台市太白区西の平聖パウロミッションを会場に開催されました。センター号(定員8名)満席で参加しました。バーベキュー昼食、ティータイムつき集いでもあり、予想を超える参加者で準備した資料が足りなくなってしまいまいました。月1回仙台圏教会の皆さまが支援活動として新地町で継続している<広畑茶話会>のお蔭で、参加した8名全員が良き交流のひと時が持てたと喜んでいました。

本日いっしょに歩いた人たち  44名

スタッフ  松本普

2016年6月17日(金)  終日2人だけで

6月17日(金)

・常連さんのTさんと午前中1回午後1回のコーヒータイムの1日でした。たった一人の被災者の居場所になれるセンターのオープンスペースです。

本日いっしょに歩いた人たち  2名

スタッフ  松本普

2016年6月16日(木)  仮設避難生活者のそれぞれ

6月16日(木)

・午前中は久し振りにがん小屋仮設住宅入居者の皆さま(3名)とコーヒータイムで交流。3人とも「原発」の破局的大参事による避難指示にもとづき、浪江、南相馬(小高区)からの原発被災者。仮設住宅での避難生活もあれからまる5年を経て6年目に入ているkさん、Iさん、Tさんですが、新地町に自宅再建中の人、同じく新地町に一戸建て賃貸住宅に来週引っ越す人、未だ決め兼ねている人と各世帯それぞれの。3人とも国と東京電力の除染完了~避難指示解除~帰還政策にほんろうされ帰還を断念した人々です。

本日いっしょに歩いた人たち  5名

スタッフ  松本普

2016年6月15日(水)  視察巡礼団一行を迎え水曜喫茶

6月15日(水)

・清瀬聖母教会井口司祭一行5名が小川昌之兄の車で被災地視察巡礼の途中で新地を来訪。ちょうど水曜喫茶の日でもあり良き交流のひと時となりました。サポーターは第3水曜担当の八王子復活教会・シェフ小山田あつ美さん手作りのショコラケーキでした。和子ママ、友子ママ皆さんありがとうございました。

DSCF2513.jpg

DSCF2514.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  32名

スタッフ  松本普

2016年6月14日(火)  またお一人、「雁小屋仮設」を後に

6月14日(火) 

・早朝K子さん来所。「今日引っ越します。お世話になりました。細々としたものが残っているのでまだ時々来ます。明日の水曜喫茶はそういうことで休みます。」と連絡の挨拶。

・午後は、別の自宅再建中のTさん来所。コーヒー歓談後、工事現場へ同行送迎。

・水曜喫茶用ケーキが宅急便で届きました。

本日いっしょに歩いた人たち  15名

スタッフ  松本普

2016年6月13日(月)  三原司祭・ダブル松で視察巡礼

6月13日(月)

・午前中来所された常連さんと三原司祭を囲み歓談交流。太一さん、信幸さんから「復興の現状と課題」について熱心に傾聴。

DSCF2511.jpg

・午後は南端松男さんとの「ダブル松」で三原司祭の視察巡礼に同行。新地町沿岸部を南から北進。最後は山元町(「宮城県亘理郡」)のふじ幼稚園旧園舎で記帳と祈りのひと時を持ちました。

本日いっしょに歩いた人たち  16名

スタッフ  松本普

2016年6月12日(日)  ミサと臨時教会委員会

6月12日(日)

・本日16時から今月のミサが「センターしんち・がん小屋」を仮礼拝所として行われました。仮礼拝所として使用中の研さんスタジオが製作中のため使用不可のための措置。引き続き行われた「臨時教会委員会」では、諸般の事情で着工が遅れている教会再建関連議題が協議されました。

・夕方、」三原司祭が仙台経由でレンタカーで来所。センターで1泊。

本日いっしょに歩いた人たち  12名

スタッフ  松本普

2016年6月11日(土)  5年3ヵ月の月命日

6月11日(土)

・久し振りに桑折町から岡田造園社長(福島ステパノ教会)が来所。「ニワトリを飼っていた以来で」と1年振りの再会を喜び合いました。荒ミヨ子さん(磯山聖ヨハネ教会)も午前中に来所。「畑で採れたソラマメどうぞ~!」と差し入れ。ごちそうさま。ありがとう。

本日いっしょに歩いた人たち  5名

スタッフ  松本普

2016年6月10日(金)  センターしんち「開所」1周年

6月10日(金)

・特段のイベントを企画することもなく、日常活動を淡々とこなしました。常連さんたちの来訪とコーヒー歓談。午後には常連さん方を訪問しました。
とても静かな開所1周年でした。

本日いっしょに歩いた人たち  6名

スタッフ  松本普

2016年6月9日(木) 長谷川司祭囲み交流

6月9日(木)

・午前中久し振りに来所された仙台基督教会の長谷川司祭を囲み交流のひと時を持ちました。水曜喫茶の2人のママ加藤和子さん、三宅友子さん、本日帰名する高木栄子さんの5名で、プロジェクトの変遷、来年度に向けたセンターしんちの働き、ことに現状と課題について意見交換をしました。

・午後は視察巡礼。途中、車検関連と挨拶を兼ね新地自動車さんと堀内さん方を訪問。

本日いっしょに歩いた人たち  12名

スタッフ  松本普

2016年6月8日(水) バタバタの水曜喫茶! でも楽しく!

6月8日(水)

朝8時40分着のバスで札幌の恵以子さんが新地入りなのに、姿現さず。
9時ころ準備に来ると言った友子ママも現れず、和子ママも心配顔。
あれやこれやで解決し、なんとか10時30分ころから青少年ホームにて、
水曜喫茶スタート。

本日は、府中聖マルコ教会のパウンドケーキ、お土産は名古屋柳城短期
大学のクッキー、ミヨちゃん差し入れの空豆、みっちゃん・ふみちゃんから
のフキ煮など豪華版です。おいしくいただきました!

6月8日1

6月8日2


みなさんで楽しく歌い、最後は「幸せなら手をたたこう!」で午前の部終了。

6月8日3


午後は、おしゃべりに花が咲きました。

夕方、スタッフの松本が名古屋から戻りました。交代で、高木は帰ります。

本日いっしょに歩いた人たち 19名

スタッフ 松本 普  高木 栄子




2016年6月7日(火) お騒がせ!駆け足居宅訪問

6月7日(火)

友子ママと高木の居宅訪問日だったのですが、友子ママはスケジュールが
いっぱいで、結局午後4時過ぎにスタート。
ともかく張り切って、名古屋柳城短期大学チームパティシエ手作りクッキーを
持って行きます!

6月7日1

会う方によっては、約10か月ぶりになる高木ですが、みなさん笑顔で迎えて
くださいました。

ミヨちゃん宅では、お土産に採れたてのソラマメをいっぱいいただき、うれしくて
クッキーを渡しそこね、戻ってお渡しするということも。

6月7日2


途中、「もう帰ったの?」と心配してお電話をかけてくださる方もおられました。
次回はゆっくりおじゃまして、お茶をいただきたいと思います。

ありがとうございました。

本日いっしょに歩いた人たち 28名

スタッフ 高木 栄子

2016年6月6日(月) 久しぶりの再会

6月6日(月)

今日は、友子ママと居宅訪問に出かける予定でしたが、お菓子が届かなかった
ため、明日に変更。
そのため、ブログアップ作業に集中。

午後2時ころ、仙台支援室の渡部さんと東京教区の豊さんが来られました。
ホント、久しぶりです。うれしい再会に話もはずみ、支援センターしんち・がん小屋
のことや磯山聖ヨハネ教会のことなど話題もいろいろ。あっという間に時間が過ぎ、
お二人は仙台に向け、出発しました。

夕方、コンビニで浩介さんから声をかけられました。坊主頭だったはずなのに、
黒々と髪が生えていました。

新地に来ている証拠に写真を撮りました。どこにシャッターがあるのと騒ぎながら
友子ママが写してくれました。

DSCF2492.jpg


本日いっしょに歩いた人たち 9名

スタッフ 高木 栄子

2016年6月5日(日) 屋内デスクワーク

6月5日(日)

土・日曜日は休館というものの、日常の生活が続きます。

太一さん、敬子さん来所、3人でコーヒー・歓談。

昼過ぎ、いづみちゃん宅訪問。「特定延長の要件に該当しない方は、
平成29年3月31日で応急仮設住宅(借り上げ住宅)は供与終了」
という新地町役場からのお知らせについて、しばらく話しました。

印刷作業や写真整理、原稿作成と屋内デスクワークは続きました。

午後3時過ぎ、昨日会えなかった昌之さんがカニ(!)を届けてくだ
さいました。体調が思わしくないとのことで、検査がまだ続くそうです。
お大事になさってください。

夕方、太一さん来所。2011年3月11日以降の山形までの避難生活
について語られた。

本日いっしょに歩いた人たち 7名

スタッフ 高木 栄子
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。