スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年8月27日(土)  磯山聖ヨハネ教会の聖餐式

8月27日(土) 

・月一度の磯山聖ヨハネ教会のミサが長谷川司祭司式で「センターしんち・がん小屋」を会場として執り行われ、8名の出席。ご案内の通り「センターしんち・がん小屋」は、被災者のための仮設住宅。「お互いの肩が触れ合う4畳半一間を仮礼拝所として用いることができるお恵を感謝せずにはいられません。」と長谷川司祭が説教で述べておられました。

本日いっしょに歩いた人たち  11名

センタースタッフ
スポンサーサイト

2016年8月25日(木)  ボランティアスタッフで視察・巡礼とボランティア

8月25日(木) 

・弘子さんに付き合い一泊した和子ママと途中で合流した友子ママの4人で「あれから5年5ヶ月余の自分のふる里のその後を自分の目で、久し振りにしっかり見たい」とのことで巡りました。随所で沈黙の祈りを捧げました。
DSCF2747.jpg

DSCF2748.jpg

・弘子さんは和子ママの車で、白石経由で帰京。ありがとうございました。

午後JR代行バスで新地入りの秦さん。友子ママが送迎。そのまま居宅訪問へ。

本日いっしょに歩いた人たち  17名

センタースタッフ

2016年8月24日(水)  盛りだくさんのメニューで水曜喫茶

8月24日(水) 

・夜行バスで東京から仙台経由で新地入りの高橋弘子さん、AM8:00前にセンターに。サポーターの東京聖十字教会さん提供のシホンケーキで水曜喫茶オープン。高橋弘子さんリードで「健康体操」友子ママリードでレッツソングオンパレード。利用者さん、差し入れの「梨」「スイカ」「お菓子」「いっしょに歩こう!中部の手土産のお菓子」の紹介のオンパレードで、帰りには持ちきれないのか、皆さんニコニコしながら困ってました。

DSCF2737.jpg

・福田学童クラブの職員と29日(月)イベントの打ち合わせ。和子ママは、弘子さんとよもやま話があるのか宿泊しました。

本日いっしょに歩いた人たち  28名

センタースタッフ

2016年8月23日(火)  台風一過、されどどんより曇り空

8月23日(火)

・午前中は、屋内デスクワークお昼頃、菊地一子さん来所。「明日の水曜喫茶でみんなにこれ分けて!」と沢山の梨を差し入れてくださいました。

・夕方右近清水で水汲み。I子さんから夕食のおかずの差し入れあり。感謝。

本日いっしょに歩いた人たち  6名

センタースタッフ

2016年8月22日(月)  またまた台風の影響が

8月22日(月)

・風雨の中、終日屋内・デスクワークそれでも常連さんお二人が来所。コーヒー歓談のひとときでした。

本日いっしょに歩いた人たち  3名

センタースタッフ

2016年8月21日(日)  休館で終日掃除・洗濯など

8月21日(日) 

・常連さんとコーヒータイム。隣近所の住民さんと「やっと晴れましたね~」などと挨拶を交わしながらゆったりゆっくりと穏やかな1日でした。常連のsさんが「自転車貸して~」「どうぞ~」

・「いっしょに歩こう!中部」さんからお茶うけ・手土産用のお菓子が4箱届きました。

本日いっしょに歩いた人たち  5名

センタースタッフ

2016年8月20日(土)  ルーテル教会牧師夫妻と朝の祈り

8月20日(土)

・センター休館の静かな朝、中村牧師の司式で朝の祈り(東日本大震災を覚えての「嘆願」)を捧げました。朝食とコーヒータイムでしばらく歓談後マイカーでセンターを後にしました。5年間送りつづけて下さるコーヒー豆ありがとうございます。

・夕食の支度をしていたら、イチジク・ニラ農家の森夫妻が「これ、おかず持って来た。食べて~!」とサンマ焼き魚の差し入れ。ラッキー!ジャスト!グッドタイミング。感謝。

本日いっしょに歩いた人たち  10名

センタースタッフ

2016年8月19日(金)  水曜喫茶・センターサポーター夫妻来所

8月19日(金)

・センターでは常連さんをはじめ、多くの来所者がコーヒータイムや水曜喫茶で実におだやかで和やかな歓談交流のひと時が続けられています。その「コーヒー豆」を贈りつづけて下さるサポーター(ルーテル教会牧師夫妻)が来所、一泊されました。午後の視察巡礼と併せ雁小屋仮設入所の被災者の皆さんとコーヒータイムのひと時を持ちました。感謝。
DSCF2723.jpg

DSCF2727.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  10名

センタースタッフ

2016年8月18日(木)  管区プロジェクト新地入り

8月18(木)

・常連来所者といつものようにコーヒータイムで歓談交流。時間差で午前~午後あわせて4名がセンター来所。

・郡山(管区PJ事務局)より越山司祭、池住圭さん来所。センターしんちのボランティアスタッフの今後について熱心に協議。

本日いっしょに歩いた人たち  11名

センタースタッフ

2016年8月17日(水)  初の水曜喫茶中止

8月17日(水)

・朝7:00のニュース・天気予報を見て強風、強雨のため、本日の水曜喫茶中止を和子ママ、友子ママと確認のうちに決定しました。
会場の勤労青少年センターさん、常連「来店者」には手分けして電話連絡。

・センターしんちの常連来所者の皆さんには「略式水曜喫茶」実施。コーヒータイムで歓談交流。第3水曜喫茶担当の八王子復活教会の小山田あつ美さんありがとうございました。

DSCF2722.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  7名

・センタースタッフ

2016年8月16日(火)  台風7号とお盆Uターンラッシュの中東京出張 水汲みも

8月16日(火)

・朝方の常連さん達とのコーヒータイムを早々と打ち上げ、JR代行バス、仙台経由で東京へ。乗車率150%のUターンラッシュ、東京到着時には、7号台風の強い雨が降っていた。日帰りで新地に戻り水汲み。

本日いっしょに歩いた人たち  5名

センタースタッフ

2016年8月15日(月)  カステラと梨で歓談交流

8月15日(月)

・「ナガサキの日」(8/9)に届いたカステラと「みなさんでどうぞ分けてください」と届いた安城梨で、常連さんと4名で午前中コーヒータイム。お持ち帰りお土産。

・長崎の高橋さん、名古屋の日野さん、ご馳走様でした。

いっしょに歩いた人たち  4名

スタッフ  

2016年8月14日(日)  センター休館日も友来たる

8月14日(日) 

・「お盆でおはぎ、おかず作ったから取りに来て」と福田の社長三からTEL連絡あり。早朝に近い7:00に頂きに参上。<ずんだもち、おはぎ、おかず>三品を頂戴しに福田迄センター号で参上。ごちそうさまでした。

・午後、東村山市役所からのボランティア瀧さん参上。再会を喜び合う。

本日いっしょに歩いた人たち  5名

スタッフ  

2016年8月13日(土)  仮設からのリサイクル物品を

8月13日(土)

・雁小屋仮設住宅からふる里(南相馬市)への帰還を断念、新地町に移り住む決断をされた3世帯ご家族から「これセンターで有効活用してくれる?」と畳・電化製品など4点を頂きました。

・センターからはこの4点の重複する3点を「欲しい」とリクエストの合った被災者宅に届けました。

・名古屋の日野兄より「安城梨」一箱届く。感謝

DSCF2719.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  12名

スタッフ  

2016年8月12日(金)  本日月命日の巡礼を

8月12日(金)

・午前中は常連さん来所でコーヒー歓談。お昼近くに視察・巡礼のため新地入りした宮﨑姉(東京諸聖徒教会)と計4名で相馬港から浜街道を沿岸沿いに北進。ふじ幼稚園までのコースで巡礼。合掌。

DSCF2715.jpg


・「夕食のおかずに食べて~!」とみっちゃん二三ちゃんが差し入れに。ごちそうさま。

2016年8月11日(木)  震災・破局的原発メルトダウン被曝から5年5ヶ月の月命日

8月11日(木)

・常連のお三方と月命日を覚え、歓談交流。センター活動は本日休館デーでした。

本日いっしょに歩いた人たち  12名

スタッフ  

2016年8月10日(水)  チーム・パティエシエの学生さんに感謝

8月10日(水)

・毎月第2水曜日の「水曜喫茶」サポーターは名古屋柳城短期大学のサークル団体が担当してくださいます。学生さんお一人お一人の温もりのあるメッセージカード付き「一口パウンドケーキ」を喫茶「来店者」お一人お一人に届きます。

DSCF2684.jpg

・夕方16時過ぎに懐かしの2組来たる。東京・名古屋から松村ご夫妻が。もう一組は「新地町の漁師たち」のドキュメント映画監督山田さん。懐かしく歓談交流でき感謝。

DSCF2688.jpg

本日いっしょに歩いた人たち  35名

スタッフ  

2016年8月9日(火)  「ナガサキ」の日、2人の首長は

8月9日(火) 

・「ナガサキ」被曝の日、「原爆」71周年追悼式典で、2人の首長のコメントに「フクシマ」は愕然。
長崎、田上市長は「フクシマ」に思いを馳せたコメントを。日本国、安倍首相は「フクシマ」を黙殺したコメントを発信。

・夕方、貞夫さんと明日の水曜喫茶用「水汲み」に右近清水へ。

・「ナガサキ」の日長崎からカステラ届く。ありがとう。

本日いっしょに歩いた人たち  12名

スタッフ  松本普

2016年8月8日(月)  振り替えセンター休館

8月8日(月)

・常連さん2名とコーヒータイムで歓談交流

本日いっしょに歩いた人たち  6名

スタッフ  松本普

2016年8月7日(日)  立大生、片付けと帰京

8月7日(日)

・2泊3日の新地町視察巡礼とワークキャンプの最終プログラム。午前中に「振り返りタイム」と片付けを終え、8:20発と13:20発の2組に分かれ、代行バスで帰京。ありがとう!お疲れ様でした。

・太一さんご夫妻がわざわざ「お別れの挨拶」と来所。車が見えなくなるまで「角送り」の見送りをしました。5年5ヶ月の本当に長きに亘る仮設避難生活でしたね。出会いと交流に心から感謝。また会いましょうと確認。

本日いっしょに歩いた人たち  14名

スタッフ  松本普
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。