スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年10月20日(木) 今回の最後の晩餐?

10月20日(木)

朝。7時30分、二三ちゃん来所。コーヒー歓談。みっちゃんは、今日もイナゴ採り。
途中で、敬子さん来所。柿といちじくジャムを届けてくださいました。
3人で、歓談中、いづみちゃんも来所。4人の話は続きます。

あまりの天気と強風で、干した洗濯物もすぐかわきました。流しなどの掃除をし、
新聞など片付け、明日、名古屋に帰る準備をしました。

夕方、6時過ぎ、二三ちゃん、みっちゃんが来所。ゆでガニとさわらの刺身を差し
入れてくれました。美味しそう!

夜、7時半頃、信幸さんが写真を取りに来所。せっかくだから、早速さわらの刺身を
いただきました。カニは、信幸さんの電話がある前に、食べてしまったのです。
今回の滞在中の最後の晩餐(?)と言えます。

ここにいると、みなさまから本当におかずや、野菜や、漬物などいただきます。
ありがたいことです。
明日からしばらくセンターは留守になりますが、その間も、新聞をとってくださるし、
部屋の風通しもしてくださいます。
センターしんち・がん小屋を運営しているのは、地元のみなさんかもしれません。

しばらくブログもお休みに入ります。11月、またお会いしましょう!

本日いっしょに歩いた人たち  8名

スタッフ  高木 栄子
スポンサーサイト

2016年10月19日(水) 30名を超える「水曜喫茶」

10月19日(水)

朝からバタバタと、あちこち連絡しながらも予定通りとはいかず、ともかく出発。

ほっとコーナー・水曜喫茶の会場である新地町勤労青少年ホームに着いてみると、
すでに自由学園グループは到着されていました。みなさんといっしょに会場作り。

後続の仙台から参加の正裕さん、友子ママの車も到着。無事、水曜喫茶開始。

和子ママの歓迎のあいさつに続き、それぞれの紹介。

19日1


歌の熱唱。松男さん、せっちゃん、みよちゃんと続き、一子さんの民謡にみなさん
うっとり。

19日3


自由学園グループのみなさんも「上を向いて歩こう」を元気に歌われました。
「久しぶりで、楽しかった!」とのこと。小川さん一行も「酒よ」、「古城」を力唱。
みなさん歌うことは好きですよね! 元気に、明るくなれるようです。

19日4


本日のケーキは、八王子復活教会から「レアチーズケーキ」を大きなホールで
いただきました。30人を超す参加者だったので、新地名産のいちじくを使った
タルト、パウンドケーキも準備し、細かく切ってみなさんの口に入るようにしました。

19日2


昼食には、漁師さんから差し入れられた「ゆでガニ」と「イナダの刺身」もありました。
「どうやって食べるのですか」の問いに、一子さん、敬子さんが鮮やかな手つきで
カニをさばいていました。おすそ分けありがとうございます。美味しかった!

19日5


山田監督、自由学園グループのみなさま、2日間ありがとうございました。
どうぞまた、新地にお越しくださいませ。お待ち申し上げます。

本日いっしょに歩いた人たち  38名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月18日(火) 自由学園男子部父母有志一行到着!

10月18日(火)

東京から自由学園男子部父母有志一行13名が到着されました。その中には、
映画「新地町の漁師たち」の山田監督のお母さまもおられました。
昼食後、センターしんち・がん小屋のスタッフ、ボランティア4名と交流、レクチャー。

18日2


みなさんで、記念撮影をした後、すぐ、バスにて巡礼・視察に出かけました。

18にち1

まず、東林寺の慰霊塔、平和の礎へ。信幸さんが埒浜の住民では、3・11の
大震災で8名の方が命を落とされたこと、その中にご自分のお母さまがいること
などを話されました。

津波が押し寄せた大戸浜では、山田監督が熱心にみなさんへ説明されていました。

18にち3


磯山聖ヨハネ教会跡地では、友子ママがあの日、津波に追われるように教会に
逃げて来て、17名で寒い一晩を過ごした辛い体験を思い出しながら、話してくれ
ました。

18日4


最後のふじ幼稚園では、亡くなった園児たちや順子先生を想いながら記帳をし、
約3時間半に及ぶ巡礼・視察は終わりました。

明日、みなさんは「水曜喫茶」に参加されます。

本日いっしょに歩いた人たち  25名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月17日(月)  準備完了!

10月17日(月)

10時頃、信一さん、てる子さんご夫妻が来所。九州のみかんをいただきました。
こうやって、訪問してくださることは、とてもうれしいものです。
コーヒーだけで(珍しくお菓子が何もなかった)、1時間以上歓談。
楽しいひと時をありがとうございます。

午後3時過ぎ、浩介さんが映像作家の山田さんといっしょに来所。山田さんは、
「新地町の漁師たち」という映画を撮り、漁師として生きる、漁師として海を守る
ということを伝えています。
明日の自由学園グループの最終打ち合わせをしました。

夜7時前、信幸さんが来所。こちらも明日の最終チェックです。

というわけで、最終準備完了! わたしたちは、心を込めてお迎えするだけです。

本日いっしょに歩いた人たち  8名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月16日(日)  花火、引っ越し、巡礼コース下見

10月16日(日)

朝、眠気を飛ばすような「ドン!ドン!」という花火の音。びっくりしました。

窓を開けたら、外から「おはようございます」との声。
窓の外におられた方は、「隣の者ですが、今日引っ越しをします」とのご挨拶。
センターしんち・がん小屋のお隣さんは、元気な子どもたちがいました。
ここのところ子どもたちがいないなーと思っていたのですが、新居に移っていた
ようです。仮設住宅での長年の生活終了、新スタートですね。

11時頃、信幸さんが来所。「明後日のコースの下見に行こう」と。
18日・19日、15名のグループが新地に来られますが、18日は、巡礼・視察の
ガイドを依頼されているのです。

というわけで、すぐ出発。時計を見ながら、同一コースを回ってきました。
とはいうものの、お寺の墓地では、手を合わせ、幼稚園では記帳をし、わたしも
巡礼をして来ました。

16日


朝の花火は、どうも消防訓練のためだったようです。

本日いっしょに歩いた人たち  10名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月15日(土)  あれから半年の熊本を想う

10月15日(土)

10月14日が九州地震発生(本地震は16日)から半年ということもあり、週末の
ニュース番組で、特集を組んでいるところが多いようです。

ここ支援センターしんち・がん小屋でも、よく話題に上ります。
「どんなにか大変だろうか」、「これから寒くなるね」とか。
大きな災害を経験された方々で、まだまだご自分のことも苦労されていると
わたしには思えるのですが…。

日本聖公会の九州地震被災者支援室におられる柴本司祭、尚男さんは、かつて
支援センターしんちにも何度か来られました。
遠く福島の支援センターしんち・がん小屋から、「常にいっしょに」という気持ちを
送りたいと思います。

本日いっしょに歩いた人たち  4名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月14日(金)  ルイジアナ教区トンプソン主教来所

10月14日(金) 

朝、二三ちゃんが来所。イナゴ採りのみっちゃんを角田まで送ってきたとのこと。
コーヒー・歓談中、和子ママより電話。「孫の体調が悪いので、申し訳ないが
今日は行かれない」と。
午後、ルイズアナ教区トンプソン主教がセンターしんち・がん小屋に来られるので、
何人かに声掛けして、お迎えしようと計画していたのです。
そこで、目の前の二三ちゃんにお願いすると、快く引き受けてくれました。

午後1時過ぎ、二三ちゃんと話をしていると、いづみちゃんより電話。「母の具合が
悪いので、時間間に合わないし、出たり入ったりとなってしまう」と。

2時少し前、長谷川司祭の案内で、トンプソン主教一行7名がセンターに到着。
玄関を入った台所で、立ったまま、紹介。二三ちゃんは、「迎えに来て!」との
みっちゃんからの電話で、やむなくここで退所。
いづみちゃん、磯山聖ヨハネ教会の信一さん、ミヨちゃんとトンプソン主教は歓談。
いづみちゃんは、東電福島原発のため、避難生活を送っている現状を語っていま
した。
信一さんは、3・11の晩、家族とも連絡が取れなかったとき、「神さまと自分」を
どのように感じたのか話されました。
トンプソン主教は、ハリケーンカトリーヌで多大な被害のあったルイジアナ州に
ついて話されました。また、皆さんに慰めと励ましの言葉がありました。

最後にお土産の交換をし、お互いに喜ばれ、とても素敵なひと時を過ごすことが
でき、感謝です。

14日1

14日2

14日3

14日4


本日いっしょに歩いた人たち  10名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月13日(木)淡々と過ごす1日

10月13日(木)

8時前、信幸さん来所。これから出張とのこと。コーヒー・歓談。
その後、どなたも見えず、11時30分頃自転車で、センター備品を購入するため
出かけました。

午後3時頃、昌之さん来所。いちじく煮、さんま甘露煮、みょうが梅酢漬けを持って
きてくださいました。

午後4時過ぎ、ブラリという感じで、浩介さん来所。来週来られるグループについて、
情報交換。

淡々と静かに1日は過ぎました。

本日いっしょに歩いた人たち  6名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月12日(水)  心にしみわたる清らかなハーモーニー

10月12日(水)

ほっと・コーナー「水曜喫茶」の日です。
いつもの会場(新地町勤労青少年ホーム)ですが、今日は和室でした。机を並べ、
座布団を置くのですが、テーブル・イスのときより、隣との密着感があり、話し易い
雰囲気でした。

昨日から新地町に来られた「タクトF」一行10名の方たちも参加。
互いの紹介の後、しばし歓談。恒例の「新地の売れない歌手」の方たちが得意の
歌を披露。大いに盛り上がりました。

12日1

12日2

最後に、「「タクトF」のミニコンサート。合唱、リコーダー演奏。最後の3曲は、
みんなで合唱。アンコールもあり、心にしみわたる清らかな音楽でした。
「心洗われる~」と、思わず何人かがつぶやきました。
みなさんありがとうございました。また是非来てください! みんな待っていますよ。

12日3


本日のお菓子は、名古屋柳城短期大学「チームパティシエ」による、「メロンパン風
クッキー」。「頑張って作ったのですが、固くなってしまいました」というメッセージが
同封されていましたが、安心してください! 大丈夫でしたよ。

12日4


午後は、8人でおしゃべり。戦争、原発、東京オリンピックなどについて、ヒートアップ
しました。現在を「戦前」とはしたくありません。

本日いっしょに歩いた人たち  30名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月11日(火)  タクトF一行巡礼

10月11日(火)

本日は、東日本大震災より5年7ヶ月の月命日です。

朝、いわき市内の仮設住宅で4棟19戸が全焼する火災が発生したことを受け、
消防署員の方がチラシを持ってこられました。地震そして火災、大変なことです。

午後、聖公会東京教区・横浜教区メンバーなどによる「タクトF」一行10名が来所。
和子ママ、友子ママ、高木もいて、13名が押し合いへし合いで支援センターしんち
の1部屋でレクチャー。終了後、車2台に分乗して、巡礼に。

まず、各地で評判の「いちじくたれ」を購入するため、地元のお店に寄り、買い物。

11にち1


次に、山元町の旧ふじ幼稚園に行きました。2011年3月11日、津波によって幼い
命を落とした園児たち、子どもたちを必死に助け亡くなった教員についての説明を
聴いたタクトFのメンバーは、13のお地蔵さんの前で、童謡を2曲唄っていました。

11日2

記帳をすませてから、新地町東林寺へ。慰霊塔と平和の礎について友子ママから
話を聴きました。
慰霊塔には、津波や地震により亡くなった方々のお名前が刻まれています。

11日3


あれから5年7ヶ月の1日です。

本日いっしょに歩いた人たち  22名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月10日(月)  静かな、でも、にぎやかな1日

10月10日(月)

「体育の日」ということで、休日ではありますが、センターしんち・がん小屋は
休館日とせず、デスクワーク日にしました。
9:20分頃、貞男さん来所。
「仕事しているから」と言うと、「大丈夫静かにしているから」。と言うそばから
ずっとおしゃべり、下の動き絶好調! 返事しながら、デスクワークも進め、
午前の部は終了。

夕方、「コーヒー飲みに来ました!」と貞男さん登場。
明日、10名の一行が来られるので、その準備をしながら、おしゃべりも。

静かな、でも、にぎやかな1日でした。

本日いっしょに歩いた人たち  3名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月9日(日)  往復1万歩の訪問

10月9日(日)

本日は、センターしんち・がん小屋は完全休館日! のところ、10時過ぎに
昌之さん・貴代子さんご夫妻が「栗おこわ」を届けてくださいました。山栗との
こと、楽しみです。
そのすぐ後、いづみちゃんが来所。お昼頃まで、コーヒー・歓談。
2時頃、貞男さんが「コーヒー飲みに来ました!」と登場。1時間ほど歓談。

ここに来ると、移動手段は「車!」。公共交通がない町です。というわけで、完全
運動不足になってしまいます。
「そうだ、歩いて敬子さん宅を訪問しよう!」と無謀にも思い立ったわたしは、
一人で出発。素敵な秋の里山の景色やコスモスの美しさにうっとりしながら、
いろいろな歌を遠慮なく唄いながら、ひたすら歩きました。

9日1

9日2

敬子さん宅にたどり着くと、なんと敬子さんは腰を痛めていて、動くのもまま
ならぬ状態。今日・明日と病院は急診なのです。
しばらくおしゃべりをして、おみやげまでいただいて帰路に。

ちょうど往復1万歩歩きました。自然の景色は、目には楽しいのですが、歩いても
歩いても同じようで、どこまで来たのかが分からなく、いつもビルや商店を目印に
しているわたしは、途方に暮れました。

本日いっしょに歩いた人たち  6名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月8日(土)  磯山聖ヨハネ教会聖餐式

10月8日(土)

一昨日、長谷川司祭より電話があり、今日、磯山聖ヨハネ教会の聖餐式が
仮礼拝所(研さんスタジオ)で行われるとのことだったので、迎えに来ていた
だきました。
新地に毎月来ていても、日程が礼拝とかち合うことはなかなかないので、
今回はラッキーでした。

東京の親子を含め、みんなで9名。静かなのに、アットホームな礼拝でした。

10月8日


礼拝後、おこわのお弁当をみんなで和気あいあいいただきました。3人で
組んで、3種類のおこわを分けて食べる人もいて、知恵袋満載!

夕方、昌之さんがさんまの甘露煮や紫蘇の実漬け、みょうがなどを届けて
くださいました。ありがとうございます。

本日いっしょに歩いた人たち  11名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月7日(金)  新地の日常へ

10月7日(金)

朝食中、二三ちゃんが来所、コーヒー・歓談。
二三ちゃんが帰ると、すぐいづみちゃんが来所、コーヒー・歓談。
お昼過ぎまで、3人でおしゃべり。

昼食中、友子ママが来所。名古屋に帰る吉川さんを車で新地町役場バス停
まで送ってくれました。その後、センターしんちに戻ってきて、いろいろ話す。

夕方6時過ぎ、二三ちゃん、みっちゃん、あおいちゃんが来所。夕食用にと
スズキのお刺身、切り身をたくさん差し入れてくれました。

あっという間に、新地での日常生活に入り込みました。

本日いっしょに歩いた人たち  9名

スタッフ  高木 栄子

2016年10月6日(木)  引き継ぎ作業完了?

10月6日(木)

午後、郡山での「日本聖公会人権セミナー」に参加していたスタッフ高木到着。
本日より21日まで、またまたお世話になります。

夕方、信幸さんが来所。近況報告や18日・19日に新地訪問される16名の
グループについて打ち合わせ。

昨日は、郡山からバスで富岡駅~南相馬~飯館~川俣などを回りました。
東京電力福島第1原発を車窓に望み、まったく人がいない帰宅困難区域を
重苦しい気持ちで通りました。
遠く、沖縄からも5名の参加があり、「現地に来て、本当に実感がわいた」と
言っておられました。「自分の住んでいる町と置き換えてみたら胸がつまる」
とも言われました。彼女も、辺野古の座り込みに出かけるそうですが、「基地の
ことが伝わりにくい、一度来てもらえばわかってもらえる」と言ってました。

何はともあれ、本日からよろしくお願いいたします。

本日いっしょに歩いた人たち  4名

スタッフ  吉川 千恵子、高木 栄子

2016年10月5日(水)  今日は水曜喫茶です

10月5日(水)

今日は水曜喫茶の日です。
医師恵以子さんも南相馬から到着し、参加です。

いつものように楽しい手拍子にのって、熱唱がはじまりました。松男さんは、
今日も絶好調! 写真の顔は、みなさんまじめに写っていますが、ホントは
笑いいっぱいです。

10月5日1


今日のケーキは、カトリック田園調布教会ケーキプロジェクトからのパウンド
ケーキ3種です。いつもいつもありがとうございます。
美味しくいただいています!

10月5日2


本日いっしょに歩いた人たち  15名

スタッフ  吉川 千恵子

2016年10月4日(火)  たくさんの差し入れ感謝!

10月4日(火)

午後、貞男さんが来所。コーヒーを飲みながら歓談。途中に、二三ちゃん、
みっちゃんが来所。野菜のおかずや、蕗の煮たもの、イチジクの砂糖煮など
たくさんの差し入れをいただきました。
もちろん、一人では食べきれないほどです。感謝でいっぱいです!

本日いっしょに歩いた人たち  4名

スタッフ  吉川 千恵子

2016年10月3日(月)  ハーモニカの演奏聴きました!

10月3日(月)

友子ママと吉川は、居宅訪問に出かけました。
6軒のお宅を訪問し、お元気なご様子に安心しました。

殊に、普段あまりゆっくりお目にかかることができないことが多い守さんが
ハーモニカを演奏してくださいました。その音色は、胸に心地よく響きました。

また、訪問いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

本日いっしょに歩いた人たち  9名

スタッフ  吉川 千恵子

2016年10月2日(日)  ご心配おかけします!

10月2日(日)

今日は、センターしんち・がん小屋は休館日。
それでも、午後、信幸さんが忙しいなか顔を出してくださいました。

その後、吉川が一人でいると聞いた昌之さんが「買い物にも行けないのでは?」
と、夕食のおかずを持ってきてくださいました。

みなさま、ご心配をおかけいたします!

本日いっしょに歩いた人たち  3名

スタッフ  吉川 千恵子

2016年9月30日(金) 広畑茶話会とゴーヤ採り

9月30日(金)

午後、作田コミュ二ティーセンターにて月一度の「広畑茶話会」。主催は、仙台圏
キリスト教会。
お抹茶があったり、珍しいお菓子があったりで、帰路につく方々の顔も満足げ。

9月30日1


くによちゃんがゴーヤをくださるとのことで、ミヨちゃんと吉川は早速採りに行き、
うれしい収穫。
ありがとうございます。

9月30日2


本日いっしょに歩いた人たち  35名

スタッフ  吉川千恵子
プロフィール

新地ベース

日本聖公会東日本大震災被災者支援「いっしょに歩こう!パートⅡ」原発と放射能に関する特別問題プロジェクトの新地ベース、「被災者支援センター しんち・がん小屋」から日々の活動をお伝えするブログです。

*日本聖公会は英国国教会系のキリスト教会です

正式名称:
被災者支援センター しんち・がん小屋

所在地:
〒979-2706福島県相馬郡新地町杉目雁小屋101-35
雁小屋仮設住宅B4-1

携帯電話:
070-5018-4193(センターしんちスタッフ)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。